ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2008年4月24日付け

 日本文化週間に対し、ブラジル文化省から六百六十万レアルのルアネー法認可が下りた。大きな働きを見せたのは、同週間のコーディネーターを務める高橋ジョー氏。自らブラジリアに出向き直談判。根回しから広報まで行なう八面六臂ぶり。申請だけして放ったらかしの百周年協会とはえらい違いだ。しかし勝負はこれから。ブラジル最大の文化フェス開催に向けた動きに期待したい。
     ◎
 百周年式典出席のため訪日した県連の与儀会長と園田副会長。日本到着後、まずはそれぞれ母県を訪れているようだ。沖縄タイムスによれば、与儀会長は六月の式典で披露する予定の琉球舞踊の衣装について協力を呼びかけ。毎日新聞は鹿児島県からの研修事業に協力した鹿屋市を園田副会長が表敬したことを伝えている。滞在中には、日系人協会、全国知事会など関係機関を訪問する予定という両氏。新生県連アピールの成果に期待したいところ。
     ◎
 外務省の招聘で訪日中の日系青年二十五人。各地の青年会議所役員やポルトアレグレ、ブラジリアなど地方の日系団体関係者、またフランシスコ・ウエジョウ・ミナス州議はじめ政治家、アマゾナス州裁判判事、企業経営者、弁護士、技術者など多彩な顔ぶれだ。中にはサンパウロ、サンタカタリーナ、パラナバイなど各地の百周年委員会関係者の名前も。さて今回の訪日、それぞれの百周年に反映されるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]