ホーム | 日系社会ニュース | 50年前、大写真展の被写体=59年4月=神戸出港=さんとす丸同船者探す

50年前、大写真展の被写体=59年4月=神戸出港=さんとす丸同船者探す

ニッケイ新聞 2008年4月29日付け

 一九五九年四月に神戸港を出港した「さんとす丸」の在伯渡航者らが、同船者の消息を探している。同船者名簿をつくるためで、人数が集まり次第、今年の移民百周年と来年の渡航五十周年を記念して、同船者会を開く計画だ。
 呼びかけているのは、発起人の岩尾洋さん(貿易会社経営)はじめ、同船者で彫刻家の土本真澄さん、画家の中野光雄さん(ニッケイ新聞社常任顧問)、元プロボクサーの熊谷泰志さん(製菓会社経営)ら四人。
 同船者会が実現すれば、渡伯前の同船の乗船者らをモチーフに大写真展を開催した、旧三商(一橋大学・神戸大学・大阪市立大学)写真部員のOBらが、有志を募って来伯・参加する予定。
 呼びかけは、昨年訪日した岩尾さんが、同写真展をコーディネートした高校時代の同級生である竹内淳一郎さん(神戸大学出身)と出会い、「私たちが写したブラジル移民の動向を知りたい」と相談されたのがきっかけ。
 同写真展は、五九年十一月、神戸市内の三越デパートで「第八回旧三商大写真展」と題して開催された。
 四人によると、さんとす丸の同船者は約五百人。五年、十年、十五年の節目に同船者会を開いたが、「それっきりになってしまった」という。来年に同船者会が復活できれば、実に三十五年ぶりとなる。
 「五十年も経って亡くなってしまったり、日本に帰ってしまった人もいるだろうが、できるだけ多くの人に集まってもらいたい」と四人は呼びかけている。
 連絡先は世話人の中野さん(電話11・3207・1965)、土本さん(同11・5012・1752)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]