ホーム | 日系社会ニュース | 横浜港で百周年イベント=日系ブラジル人ら集う

横浜港で百周年イベント=日系ブラジル人ら集う

ニッケイ新聞 2008年5月7日付け

 【共同】日本からブラジルへの移民百年を記念するフェスティバルが三日、横浜港で開かれ、日系人ら約三千人が参加、音楽に合わせて技を競う格闘技「カポエイラ」のパフォーマンスや「ミス日系」コンテストを楽しんだ。
 横浜港は、神戸港に並ぶブラジル移民の出発地。会場となった横浜大さん橋ホールには、移民の歴史を伝える写真展示コーナーや、ブラジルの食べ物の模擬店が設けられた。一九五六年に横浜から渡航、ブラジルで延べ約三十年過ごしたという元商社員、内山勇さん(76)は「ブラジルはこれから大きく発展する。日本に住む日系人の地位を高めていくことも必要だ」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ