ホーム | 日系社会ニュース | NAK=アマチュア歌謡祭で訪日へ=北川名誉会長、大阪で講演

NAK=アマチュア歌謡祭で訪日へ=北川名誉会長、大阪で講演

ニッケイ新聞 2009年5月21日付け

 ブラジル日本アマチュア歌謡連盟(北川好美会長)は「第二十五回日本アマチュア歌謡祭グランプリ大会」のブラジル代表を選出し、二十五日から六月十一日にかけ大会出場を目的にNAK訪日団公式旅行を実施する。
 今年から同連盟が単独でブラジル代表を選出することになり、蓮沼メリーさん(バウルー)、本田原陽子さん(サンパウロ市)の二人のNAK会員に決定した。
 また、昨年九月に行われた「第三回世界アマチュア歌謡祭」にペルー・リマから参加、グランプリを受賞した福崎エリックさんが同国代表として出場する。
 一行は同グランプリ大会のほか、NHK訪問、沖縄、仙台のNAK訪問、山形県での「NAK東北歌のサミット日伯交流会」などに参加する予定。
 また、北川彰久名誉会長は訪日中の三十一日、大阪・サンパウロ姉妹都市提携四十周年を記念して同市の「ピースおおさか」(大阪国際平和センター)で開かれるイベント「平和と歌の交流史」のシンポジウムにパネラーとして出席。「音楽によるブラジル・コロニーの戦前と戦後そして今」をテーマに音楽史について講演する。
 同イベントは作詞家のもず昌平氏が司会を務め、北川名誉会長ほか吉川謹司氏、堂本一氏の講演を予定。民謡・歌謡歌手の成世昌平氏による歌のステージなどが企画されている。
 来社された北川会長、北川名誉会長、田中涼華華道家元池坊ラテン・アメリカ橘支部長は「今大会もがんばってくるので応援していて欲しい」と意気込みを語るとともに、「日本にいる方には、ぜひ大阪でのイベントにも参加してもらいたい」と呼びかけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • メジャーリーグによる合宿指導2013年3月2日 メジャーリーグによる合宿指導 第5回ヤクルト杯少年野球大会 ニッケイ新聞 2013年3月2日  南米の野球普及強化を目的としたメジャーリーグによる合宿指導『第3回エリートキャンプ』が1月28日から2月6日まで、ヤクルト・イビウーナ球場を中心に行われた。 […]
  • 第56回パウリスタ スポーツ賞=16部門から17名を選出2012年3月31日 第56回パウリスタ スポーツ賞=16部門から17名を選出 ニッケイ新聞 2012年3月31日付け  本社主催、第 回パウリスタ・スポーツ賞贈呈式が4月3日午後7時(火曜日)より、サンパウロ市議会にて行われる。  今年は 部門から 名が各協会、クラブの推薦により選出された。 […]
  • 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか2010年6月26日 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか ニッケイ新聞 2010年6月26日付け  「ブラジル人はW杯の時だけ愛国者だが、ドイツ人はサッカーでしか愛国心を公にできない」という有名な言葉がある。これはサッカーとナショナリズム(国粋主義)の緊密な関係を端的に示した言葉だ。その意味で、日本の日本人はドイツ人に近いが、日 […]
  • 2007年8月31日 世界の県人ネットワーク構築を=サンパウロ市で山口県人世界大会=知事、5カ国県人が意見交わす 2007年8月31日付け  世界の山口県人が一堂に集う「第二回在外山口県人世界大会」が二十五日、サンパウロで開かれた。ブラジルをはじめ、世界五カ国六団体から関係者約百人が来聖。二井関成山口県知事も出席して代表者会議、大会式典を行った。二井知事は式典で、在外県人会を「大切な […]
  • コパ・アメリカ=組み合わせ抽選行われる=セレソンはボリビアと開幕戦2019年1月29日 コパ・アメリカ=組み合わせ抽選行われる=セレソンはボリビアと開幕戦  6月14日に開幕する、サッカー南米選手権(コパ・アメリカ)のグループ・ステージ組み合わせ抽選会が24日夜にリオで行われ、開催国のブラジル代表(セレソン)は、ボリビア、ベネズエラ、ペルーと共にAグループに入ったと25日付ブラジル各紙が報じた。  この大会は、南米サッカ […]