ホーム | 日系社会ニュース | 「移民の日」法要とミサ=サンパウロ市各所で18日に

「移民の日」法要とミサ=サンパウロ市各所で18日に

ニッケイ新聞 2009年6月11日付け

 日本移民百一周年の「移民の日」を迎えるにあたり、十八日、今年もサンパウロ市各所で慰霊法要とミサが行なわれる。
 当日午前九時から、先駆者慰霊ミサがジョンメンデス広場のサンゴンサーロ教会で執り行われる。
 午前十時半から、イビラプエラ公園内の開拓先没者慰霊碑前で、ブラジル日本都道府県人会連合会主催による仏式法要を実施。当日午前九時半に文協ビル前(サンジョアキン街381)からバスが出る。
 その後、午後一時から文協大講堂で開拓先亡者追悼大法要が営まれる。文協、県連、ブラジル仏教連合会、釈尊讃仰会、仏教婦人連盟が共催する。
 詳細は文協(11・3208・1755)または県連(11・3277・8569)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ