ホーム | 日系社会ニュース | ブラジル蘭協会=1千3百鉢の蘭展示=文協ビルで18~20日

ブラジル蘭協会=1千3百鉢の蘭展示=文協ビルで18~20日

ニッケイ新聞 2009年9月16日付け

 サンパウロ蘭協会(川越ルイーザ会長)は十八、十九、二十日の三日間午前九時から午後七時まで、第八十一回蘭展をリベルダーデの文協ビル貴賓室(サンジョアキン街381)で開催する。入場無料。
 大サロンで恒例の即売会、初心者向けの無料講習会も行われる。
 案内に来社した川越会長、中島澄男副会長によれば、サンパウロ州、サンタ・カタリーナ州から約一千三百鉢が集まる。「同展の審査会はレベルが高く、毎回一万五千人の客が集まる」と胸を張る。
 中島さんは、「気候変動のために季節感があまり無いせいか、ここ十年くらい変わったものが集まっている」と傾向を説明、同展への来場を呼びかけた。
 無料講習(ポ語)は大講堂で毎日午前十時、午後二時、午後四時から三回。問合わせは電話=11・3207・5703、またはサイト=www.aosp.com.br。

image_print

こちらの記事もどうぞ