ホーム | 日系社会ニュース | 在外被爆者問題=314人が訴訟で和解=1人あたり110万円

在外被爆者問題=314人が訴訟で和解=1人あたり110万円

ニッケイ新聞 2010年5月19日付け

 【中国新聞】国外居住を理由に、健康管理手当の支給を打ち切られるなど被爆者援護法から切り捨てられたとして、韓国、米国、ブラジルに住む在外被爆者が国に慰謝料などを求めた広島地裁の集団訴訟は17日、原告314人について、国が1人当たり110万円を支払う内容で和解した。
 弁護団によると、今回和解したのは、2次提訴した韓国に住む161人と米国79人、ブラジル74人の原告。広島地裁での在韓被爆者の和解成立は、今年1月の1次提訴の原告128人に続く。米国、ブラジルに住む原告の和解は初めてとなる。
 この日、新たに米国、ブラジル、カナダの在外被爆者計13人が同地裁に追加提訴。同地裁で係争中の原告は計505人となる。在間秀和弁護団長は「年内にも、広島すべての原告が和解できる」との見通しを示した。

image_print

こちらの記事もどうぞ