ホーム | 日系社会ニュース | 関係者の尽力に感謝=ピエダーデ文化体育協会々長=弘末 武

関係者の尽力に感謝=ピエダーデ文化体育協会々長=弘末 武

ニッケイ新聞 2010年5月29日付け

 第10回富有柿祭り開催に当たり、主催者を代表いたしましてご挨拶いたします。
 初日の開会式には遠方より多くのご来賓の皆様、そして関係者の方々にご出席いただきましたこと、誠に光栄に存じ厚くお礼申し上げます。 
 この催しは文協主催、柿生産者協会と市の後援で行われますが、これは第6回目より、この3者1体の体制となり、大きく発展してきました。 
 ここに市長はじめ市の高官、生産者協会、協力企業、関係者に深く感謝の念を表します。 
 開催準備は今年2月から始められました。その間、多数の協力者が成功を期して最大の努力をしてこられました。 
 我々が農業分野でピエダーデのため、ブラジルのために果たした役割は大きいものと自負しており、この役割に誇りを持って、これからも一層の努力を続けます。 
 一昨年の日本移民百周年に当たりましては、中山ノルトン市議の奔走により、ジェレミアス市長のお力により見事な鳥居が会館近くに建設され日本移民の象徴として輝いています。
 今年も第10回目の柿祭りが盛大にできましたことを、長年にわたる各地より各方面の絶大なご理解とご支援の賜物であり、祭典にあたり深く感謝の意を表し重ねて厚くお礼申し上げます。 
 また、大勢のご来場の皆様、誠に有難うございます。

image_print

こちらの記事もどうぞ