ホーム | 日系社会ニュース | W杯=おめでとう! 日本代表=リベルダーデに歓声響く

W杯=おめでとう! 日本代表=リベルダーデに歓声響く

ニッケイ新聞 2010年6月15日付け

 ウオーッ! アアッ!店内には歓声と嗚咽が交互に響き渡る。サッカーW杯南アフリカ大会で14日、日本代表がカメルーンと初戦を行い、同日のテレビ放送時間にはリベルダーデ区の日本食レストラン「ポルケ・シン」に約30人ほどが日本代表の応援に駆けつけ、手に汗握る試合展開に一喜一憂した。
 前半の本田圭佑選手の得点を堅守し、1―0で競り勝った。4大会連続の出場となる日本が白星を挙げたのは2002年日韓大会のみ。今回が国外開催のW杯での、記念すべき初勝利となった。
 試合では前半40分ごろ、右サイドに入って間もない松井大輔のセンタリングに、本田が落ち着いてあわせ、先制のゴールを決めた。
 試合の放送時間は丁度昼どきと重なり、応援団とグローボ、レージTV、SBTらブラジルTV取材陣でごったがえした。前半に得点が決まった瞬間には大歓声がわいたが、後半は一方的にカメルーンに攻め込まれ、きわどい瞬間を迎えるたびに声援、罵声、悲鳴が沸き起こった。
 友人と初めて同店を訪れた尾形慶子さん(52歳、主婦)は大のサッカー好き。日本の活躍に熱狂し試合終了まで声を枯らして応援した。「勝つとは思っていなかった。守備、本田がよかった。相手も想像しない、ファンタステックな攻撃で次も勝って欲しい」と興奮冷めやらない様子。
 真武理治さん(23)、元山忠史さん(32)、池田成正さん(25)はみなサッカー経験者で今も時おり集まってサッカーに興じる。「今日の日本は良かった。よく守り、少ないチャンスをものにした。カメルーンにはそれがなかった」と元山さん。三人口を揃えて「日本戦はもちろん全部応援します。次のオランダ戦では引き分けでもいい、とにかく予選突破してほしい」と熱い声援を送った。
 12年前のフランス大会からテレビ観戦を続ける同店。今後すべての日本戦を放送する予定。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • イタケロンでまた死者=現場周辺の作業一時中止2014年4月2日 イタケロンでまた死者=現場周辺の作業一時中止 ニッケイ新聞 2014年4月2日  6月12日に開催されるサッカーW杯の開会式会場となるサンパウロ市東部のアレーナ・コリンチャンス(通称イタケロン)で3月29日、座席増設作業中の作業員が約10メートルの高さから転落して死亡する事故が起き、サンパウロ州の雇用・労働地方監督局(SR […]
  • コラム 樹海2014年2月19日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年2月19日  昨年引退した英国の有名サッカー選手デビット・ベッカムが2月初め、米国マイアミのチームを買収し、プロリーグ参入を発表した。なぜ米国、しかもマイアミなのかとの疑問が湧いた▼67年に北米サッカーリーグが創設されたが、振るわず84年に解散していた […]
  • サンパウロ市記念日に反W杯抗議続発=全伯30都市で同時発生=ブラック・ブロック暗躍=軍警が大学生に発砲し重傷2014年1月28日 サンパウロ市記念日に反W杯抗議続発=全伯30都市で同時発生=ブラック・ブロック暗躍=軍警が大学生に発砲し重傷 ニッケイ新聞 2014年1月28日 サンパウロ市誕生記念460年の節目だった25日、市内で昨年6月以来となるサッカーW杯開催反対を訴える大規模な抗議行動が全伯30都市で起きたが、最大のものは祝福ムードに沸いていたサンパウロ市だった。覆面のブラック・ブロックが銀行に火をつけ壊し […]
  • コラム 樹海2014年1月24日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年1月24日  サッカーW杯本番まであと5カ月――昨年末のグローボ報道では、会場となる全伯のスタジアムの半分しか完成しておらず、開催都市の交通インフラ整備工事は75%が遅延、または試合に間に合わないと報道された。当地らしく最後までハラハラ、ドキドキだ▼特 […]
  • 12日には正式決定されるが、外国勢としては初の決勝トーナメント進出をほぼ手中に収めた柏レイソルの選手ら2014年1月11日 サンパウロ市杯=柏が決勝Tに進出ほぼ決定か=外国チームで初の快挙へ=G最終戦を5対1で大勝=「バルサ・ジャポネス」の歓声も ニッケイ新聞 2014年1月11日 一流選手への登竜門とされる19歳以下を対象としたサッカー大会『コパ・サンパウロ』に参戦している柏レイソルが9日、グループ最終戦となるアウト・エスポルテとの試合に大勝し、決勝トーナメント進出〃ほぼ決定〃との下馬評だ。12日にグループ戦が終わ […]