ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年7月3日付け

 まさかの敗北に脱力・・・。内心では楽勝だと国民の多くが思っていたW杯オランダ戦で、セレソンが1対2で負けた。東洋街界隈でも道行く人の顔は暗く、男女を問わず口々に試合の文句をいいながら歩いている。万が一負けても決勝戦だろうと高をくくっていたところが、8強で終わるという体たらく。テレビのコメンテーターも「本来の力を出す前に負けた。最初の攻撃を続ける安定感に欠けた」と舌鋒鋭い。テレビに映るドゥンガの顔も生気がない。さっそく〃戦犯〃探しに余念がないメディアも。西村雄一主審のせいにされていないのが、せめてもの救い。もしかしてオランダ人移住地オランブラでは戦々恐々か。
     ◎
 援協理事会で行われた福祉部の報告によれば、最近精神科関係の相談が増えているという。経済的な問題もあり、親などが亡くなった場合面倒を見る人がいないケースもあるようだ。また、そのほかにも相談内容に「貧困」が増えてきているという話もあり、関係者が不安を表明する場面もあった。
     ◎
 通常の応用コースを一休みして、焼きそばや餃子などのプラット・ケンチ講座をはじめる天野料理教室。話を聞くと本職の料理人などいろいろな人が通っているという同教室。中には長年医者として働いた後、同教室で料理を学び、「目標はレストラン開店」という人もいるとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ