ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年8月4日付け

 大統領選候補者たちの訪問で沸いた2日のリベルダーデ。ジャーナリスト、カメラマンなど約50人、政党・候補者の旗、運動員たちが街路を埋め、車も通れないほどのにぎわいとなった。東洋会館でダルマを贈られたセーラ、アルキミン両候補が最初、両目を入れようとすると、マスコミなど周りの人たちが止める場面も。理由を知った両氏は、当選したらもう一方の眼を入れるためリベルダーデを再訪すると話していた。
     ◎
 先月29日、サンパウロ人文科学研究所の研究例会で、講師の栗原猛氏(ブラジル日本移民史料館運営委員長)が「専門家に見てもらったところ、白アリ(クッピン)の被害で文協ビルは10年しかもたない」と診断されたことを明かしたという。INSS問題などを抱える文協だが、文字通り〃崩壊〃の危機に瀕しているとは、笑うに笑えない冗談だ。
     ◎
 県人会周年式典が集中する8月。1日の佐賀、富山を皮切りに8日には奈良(50周年)と福井(研修生30周年)、22日は岡山(移住100周年)と群馬(65周年)、29日に福岡(移住100周年と創立80周年)が控える。福岡は県人世界大会もあり、関係者からはバタバタとした雰囲気が伝わってくる。一方で、すでに式典を終えた会長はリラックスした表情。10月は秋田、11月は兵庫がそれぞれ50周年を祝う。このほか、香川県人会も55周年を祝うことを決め、10月17日に式典を行なう予定だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ざっくばらんに行こう!=日系社会面編集部座談会=さあ、どうなる?!=1年半後に迫った移民110周年2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=日系社会面編集部座談会=さあ、どうなる?!=1年半後に迫った移民110周年 【深沢】さて、今回のテーマは移民110周年。2018年6月18日まで、いよいよ一年半後に近づいてきました。でも、肝心の「110周年実行委員会」がまだできてないんだよね。 […]
  • ニッケイ俳壇 (856)=星野瞳 選2015年9月19日 ニッケイ俳壇 (856)=星野瞳 選 【この九月四日世を去った西谷南風遺句集より】 仔馬追ふ母馬の眼の人に似る 時雨るるやキリストの本売ル人に 百雷の轟く滝の夕燕 吹き荒れて谷に落ちたる野分かな 火焔樹の下に人待つ恋乙女 鍬百姓四十年や豆の花 […]
  • ニッケイ俳壇 (854)=星野瞳 選2015年9月5日 ニッケイ俳壇 (854)=星野瞳 選 アリアンサ 新津 稚鴎 枯野中庭をきれいに掃いて住む 一つ歩き皆歩き出す枯野牛 教会の扉につづくなり枯野径 遠野火をびっしり闇の閉ぢこめし 火の色の闇に滲まぬ遠き野火 […]
  • 2015年4月8日 ニッケイ俳壇(834)=星野瞳 選    セーラドスクリスタイス   桶口玄海児  マリタカの一群茘枝の畑に来る 若い者に足らぬおやつや畑日永 マンガ樹にマリタカの群今日も来し 西瓜切る九人の子供皆育ち 雨降らす木のある村に喜雨至る    北海道・旭川市       両瀬 辰江  温かや鍋焼うどん麺 […]
  • 祝賀会の出席者で記念撮影。右端が西村新会長2014年1月28日 ロンドリーナ=熊本県人会が新年祝賀会=笠戸丸三世 西村鉄夫氏が新会長に ニッケイ新聞 2014年1月28日 パラナ州の汎ロンドリーナ熊本県人会は12日、同市西本願寺のサロンで総会ならびに新年祝賀会を催した。ロンドリーナ、イビポラン、マウア・ダ・セーラの3市から40人が参加した。 出席者の最高齢者はプロミッソン生まれの中川輝人さん93歳。会員の最 […]