ホーム | 日系社会ニュース | 総領事公邸=日本食の海外普及に貢献=東山グループに功労者表彰

総領事公邸=日本食の海外普及に貢献=東山グループに功労者表彰

ニッケイ新聞 2010年8月14日付け

 日本の農林水産省が実施する「日本食海外普及功労者表彰」をブラジルで初めて受賞した東山グループ(岩﨑透代表取締役社長)への賞状伝達式が12日午後、サンパウロ総領事公邸で行われた。島内憲駐伯大使はじめ、中山立夫・商工会議所会頭、木多喜八郎文協会長、バンデイランテスTVのジョアン・サージ社長なども祝福に訪れた。
 同賞は、日本産の農林水産物・食品の輸出拡大に向けて、日本食、日本食材等を海外で紹介し、普及に多大に貢献してきた企業や人物に対して授与されるもの。今回で5回目になる。
 東山グループは醤油、味噌、みりん、日本酒の製造、販売を通じ、日本文化を重んじながら多くのブラジル人に日本食を広めたこと、そして醤油をベースに作られた日本風シュラスコをはじめ、日本風にアレンジされたブラジル食の普及に貢献したことなどが評価された。
 午後4時半から伝達式がはじまり、来賓の紹介、功績の読み上げ、賞状伝達の後、大部総領事は「大変おめでとうございます。この功績は彼の温厚で誠実な人柄の賜物だと思います。この粘り強い努力は尊敬に値し、今後の活躍を願うばかりです」と祝辞を述べた。
 受賞者挨拶で岩﨑氏は流暢なポルトガル語で、受賞の喜びとともに、1927年の東山農場創設から始まった東山グループの誕生秘話や歴史、今後の抱負を述べた。
 岩﨑氏は、「この受賞を大変光栄に思うと同時に、東山に関わる全ての企業や人たちによって得られた賞だと心から感じております」と微笑み、さらに今後の活動目標として、ブラジル人の食のあり方について改善できるようさらなる研究や社会活動に力を入れたいと抱負を語った。
 同日夜には国際交流金サンパウロ日本文化センターで、岩﨑社長、バロール・エコノミコ紙のマルリ・オルモス記者による記念講演会も開催された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ歌壇(523)=上妻博彦 選2016年10月14日 ニッケイ歌壇(523)=上妻博彦 選 サンパウロ      梅崎 嘉明 大鳥居くぐればピニアル植民地広き会館太鼓の響く 誘はれて出で来しピニアル別名は福井村とかデコポン産地 福井村と記せる法被で商える老若男女さながら日本 一つのみ食べても良しと許されてデコポン狩りに人はにぎわう […]
  • ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(11)=移民の子が国家的な貢献2016年8月26日 ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(11)=移民の子が国家的な貢献   岡本の快挙を祝って地元マリリアでは1952年9月28日に「河童祭り」と称する祝勝会が開かれ、牛3頭を焼いて1千人を招く盛大なシュラスコ会が開催された。それを報じたパウリスタ新聞52年10月2日付によれば、父専太郎が「泳ぎ始めはわしの観海流(日本古来の遠泳法の一つ)を仕込んだ […]
  • ニッケイ俳壇(872)=星野瞳 選2016年1月15日 ニッケイ俳壇(872)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎髭の美男長靴の美女シュラスコに 鳥雲に浮足立って出稼ぎに 混血の貰ひ子なつきクリスマス アマゾンの蘭元日の卓上に […]
  • 2015年4月8日 ニッケイ俳壇(834)=星野瞳 選    セーラドスクリスタイス   桶口玄海児  マリタカの一群茘枝の畑に来る 若い者に足らぬおやつや畑日永 マンガ樹にマリタカの群今日も来し 西瓜切る九人の子供皆育ち 雨降らす木のある村に喜雨至る    北海道・旭川市       両瀬 辰江  温かや鍋焼うどん麺 […]
  • 2014年4月25日 茶道裏千家が60周年=記念式典、茶会を8月 ニッケイ新聞 2014年4月25日  茶道裏千家の南米普及60周年目を記念し、茶道裏千家淡交会総本部が8月29日から3日間、サンパウロ市で「記念大会」を開催する。  当地の裏千家はサンパウロ市市制四百周年祭の折、日本館の竣工式に出席した千宗室・第15代家元(当時)によって始め […]