ホーム | 日系社会ニュース | 鈴木康友 浜松市長がリオ・ブランコ賞受ける=「ブラジル大事に思う心ある」

鈴木康友 浜松市長がリオ・ブランコ賞受ける=「ブラジル大事に思う心ある」

ニッケイ新聞 2011年7月27日付け

 【静岡新聞】ブラジル政府が外交分野の功績者に贈る国家勲章「リオ・ブランコ」の授与式が25日、浜松市中区の在浜松ブラジル総領事館で行われた。鈴木康友市長がジョゼ・アントニオ・ピラス総領事から同勲章を受けた。
 ピラス総領事は市の同領事館開設への協力や多文化共生施策、同国各都市との交流事業などを挙げ「ブラジルを大事に思う心が原動力になっている」と鈴木市長の栄誉をたたえた。
 鈴木市長は「市を挙げての取り組みがブラジル政府の評価をいただいたと理解している」と謝意を表した。
 この後、鈴木市長とピラス総領事をはじめ出席者約30人で祝杯を挙げ、さらなる友好親善を誓い合った。

image_print

こちらの記事もどうぞ