ホーム | 特集 | 【第二アリアンサ鳥取村】入植85年のあゆみ

【第二アリアンサ鳥取村】入植85年のあゆみ

ニッケイ新聞 2011年8月3日付け

 1926年、信濃・鳥取両海外協会が2536アルケールの土地を購入して創設された。
 翌年4月、当時大岩村(現岩見町)村長だった橋浦昌雄氏が初代理事として赴任。5月に第一陣移民175人が到着するも、死者5人を出す列車衝突事故に見舞われた。
 慣れない原始林の開拓で苦労しながらも、開拓当初から日本人会、青年会、婦人会を創設。29年に有限会社ブラジル拓殖組合が設立され、精米所、製綿工場、蚕種製造場、発電所、薬局、診察所などが建設された。
 人口が増えると、青年会で行っていた柔道、相撲、陸上競技、野球などが活発になり、様々な活動や催しが行われるようになった。
 31年6月にブラジル一帯で3日間の大霜があり、コーヒーが全滅。物資や医師、薬不足で風土病が蔓延し、移住地は苦難の連続だった。
 32年に小学校落成。38年にカトリック教会、39年に全アリアンサ産業組合が創設された。41年には全アリアンサ野球大会を行い、15周年記念祭が賑やかに催された。
 戦後は、サンパウロ近郊、パラナへ人口が流出、47年に蚕種製造場、57年に製綿工場、58年に精米所の稼動中止が相次いでいる。
 46年に楽団が創立され、喉自慢や盆踊りの伴奏を行った。次第に外部へも参加、アリアンサ・バンドと名前を変え、全アリアンサ、ノロエステ、全伯大会に参加するようになった。
 50年から機械化農業が進歩し始めたことから、大農場経営が発展。
 67年にイタプーラの発電所の電気が入り、68年、明治百周年記念祭、移民60周年が、71年に45周年記念式典が行われた。
 78年に電話導入。88年、日本移民80周年記念祭に西尾邑次鳥取県知事(当時)が訪れ、新会館落成式が行われた。 06年に入植80周年記念祭、県から100万円の寄付で会館が改修された。
 現在同地に住む日系家族は33家族(会員31家族)、鳥取県系は3家族。06年に80周年記念事業として会館が改修され、活動の場となっている。日本語学校には母県から9人目となる日本語教師が派遣されており、19人の生徒が学んでいる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 異彩を放つ先駆者たちの軌跡=『日本文化』8巻、販売開始=各分野で活躍、日ポ語で紹介2018年7月7日 異彩を放つ先駆者たちの軌跡=『日本文化』8巻、販売開始=各分野で活躍、日ポ語で紹介  サンパウロ青年図書館とニッケイ新聞は今週、『日本文化8~移民史の先駆者たち~』を刊行した。多くの戦前移民はコーヒー農園に入植し栽培に従事したが、それとは全く違う人生を歩んだ6人の足跡を辿る。北米で活躍した開拓者、伝説の武道家、ジュート産業の立役者、紅茶栽培に情熱をかけ […]
  • 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式2018年4月5日 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式  伝統あるニッケイ新聞主催の『第62回パウリスタ・スポーツ賞』授賞式が来月4日夜、サンパウロ市議会の貴賓室で行われ、25人に栄えある記念プレートが授与される。戦後の日系スポーツ振興を目的に創設され、今年で62回目を迎えた。今回は日本移民110周年を記念して特別賞に将棋部門を設け […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 【祝 福博村入植80周年】福博村80年の歩み2011年10月22日 【祝 福博村入植80周年】福博村80年の歩み ニッケイ新聞 2011年10月22日付け 1931年3月:原田、古賀家入植。11月杉本家が入植 1933年6月:福博二五青年会創立。古賀茂敏会長 1934年10月:福博初の日本語学校が開校。服部信永教師 1935年1月:14人の会員で福博日本人会が創立された。原田敬太会長 […]
  • コロニア10大ニュース2009年12月29日 コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2009年12月29日付け […]