ホーム | 連載 | 2011年 | エクアドル=移ろうキト日本人学校 | エクアドル=移ろうキト日本人学校=(上)=生徒8人…もれるため息

エクアドル=移ろうキト日本人学校=(上)=生徒8人…もれるため息

ニッケイ新聞 2011年10月27日付け

 【エクアドル発=秋山郁美通信員】赤道直下にあるミタ・デル・ムンド(赤道記念公園)——そこから南5キロにある旧キト日本人学校の校舎からは、毎土曜の朝、のどかなラジオ体操の音楽が聞こえる。エクアドルの首都キトにある日本語補習校(根上宏校長)の生徒、親、講師が揃って運動をしている音だ。世界経済の変化にともない、移ろう現地の日本人事情の一端を、同学校の推移を通して聞いてみた。

 市内からは車で30分ほどの距離があるが、毎週8人の児童・生徒が通い、ラジオ体操の後は国語と算数を2時間ずつ勉強している。
 エクアドル在住の日本人は永住者161人、長期滞在者268人。そのうちキト周辺には66人の永住者と134人の長期滞在者がいる。
 世界的経済不況や、エクアドルの政策の影響か、日本企業の駐在員はここ数年で多数減少した。
 そのため「長期滞在者」を対象とする日本語補習校の児童・生徒も減ってしまい、日本政府の補助を受けられる最低人数7人をぎりぎりで上回るほどだ。
 しかし、8人が勉強するこの校舎は立派だ。レンガの色が温かい二階建ての校舎には、音楽室、図書室、ビデオ室にパソコン室などがあり、一般的な日本の校舎に見劣りしない。
 また外にはバスケットコートや舞台のある体育館、遊具のある中庭、広いグラウンド。各教室に掲げられた教育目標や掲示物が、エクアドルにいることを忘れて懐かしい気分にさせてくれる。
 校舎が建てられたのは1986年。前身のキト日本人学校が市内の一軒家からここへ移転した。
 土地購入金額と建設費を合わせると約85万7千ドル。記念のプレートには36の出資企業名が彫られている。

 ピークはバブル期の50人

 ピーク時の児童・生徒数は約50人。多かったのは校舎が移設された86年ごろから94年ごろまでで、日本の好景気と一致する。当時は世界各地で日本人学校が設立、校舎増設をしていた。
 90年を過ぎたころから徐々に生徒数は減少し、日本政府からの経費節減の働きかけもあって、2003年に児童・生徒数7人で閉校した。そのうち5人が日本からの派遣教師の子どもだった。
 その後は日本語補習校となり授業は土曜日の国語と算数のみ。教師の派遣もなくなった。子どもたちの声が聞こえなくなった体育館は、週に2回剣道教室に利用されている。
 「毎年駐在員の異動にやきもきします。なるべく子どもの多い人に駐在に来てほしい」と話すのは根上校長。自身の2人の息子と娘は日本語学校時代にこの校舎へ通った。
 24年の日本人学校の歴史で、永住者いわゆる「現地組」は30人足らず。
 日本人学校は日本の学校へ戻る目的で設立されるため、西語の授業が特別に設けられたほかは、日本のカリキュラムで行われていた。
 そのためエクアドルの教育省の認可は受けておらず、日本人学校を卒業し現地校への進学を希望しても、成績の証明が受け入れられなかった。
 根上校長の長男もこれで苦労し、「これに懲りて下の子は現地校に転校、3番目は最初から日本人学校に入れなかった」と言う。
 母語で学んでほしいが、現地で進学ができない、というのは日本でもブラジル学校の出身者でよくあるケースだ。
 現在補習校へ通う子どもたちは、ほとんどがアメリカンスクールなどのインターナショナルスクールに通っている。そのため、エクアドルへ残ったとしても大学はアメリカや日本へ進学することが多く、エクアドルに戻ってくることは少ないという。(つづく)

写真=日本のそれにも引けを取らない立派な校舎


image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]
  • 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ2020年8月20日 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ  在サンパウロ総領事館に総領事として8月7日に着任した桑名良輔氏(神奈川県、58歳)は17日にオンライン取材に応じ、ブラジル日系社会の役割と世代継承への側面支援を強調し、日系社会との更なる連携強化について「皆さんに早く直接にお会いしたい」と熱く語った。  桑名総領事は […]