ホーム | 日系社会ニュース | カンポスさくらホーム=2千本のあじさいが満開に=12月3、4日にフェスタ

カンポスさくらホーム=2千本のあじさいが満開に=12月3、4日にフェスタ

ニッケイ新聞 2011年11月1日付け

 サンパウロ日伯援護協会傘下のカンポスさくらホーム(辻雄三経営委員長、鈴木昌則アドリアーノホーム長)は、『第11回あじさい祭り』を12月3、4の両日午前10時から、同ホーム(Av. Capitao Tassaburo Yamaguchi, 2173, V. Albertina, Campos do Jordao)で開く。入場無料。
 2千本植えられたあじさいの花が、毎年この時期になると色鮮やかに咲き乱れる。名物の焼きベニマス、焼きそばやうどん、天ぷらをなどを販売、日系団体による各種アトラクションもある。
 辻委員長、鈴木ホーム長、坂和三郎援協副会長は、多くの来場を呼びかけた。
 4日午前6時半に援協社会福祉センター(Rua Fagundes, 121, Liberdade)前からバスが出る。カンポス市内の観光、焼きそば一皿付きで往復75レアル(会員70レアル)。
 申し込み、問い合わせは援協(電話=11・3274・6494/アパレシーダさん)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ