ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2012年1月20日付け

 「全国大学生サンパウロ研修」で、USPで日本語を学ぶエリアキン・ダ・シルバ・ローザさん(22)は「日本人の大学生はアルバイトや部活動などに勤しむようだが、勉強の邪魔にならないのか」と疑問を抱いたようだが、「部活ではチームワークや根性が身に付き、それが就職活動に役立つよう。自分も自由に好きなことをして楽しみたい」と発表して会場を沸かせていた。
     ◎
 会議所新年会の3分間スピーチ。サンパウロ人文科学研究所の鈴木正威所長が登壇し、先般刊行された『日本移民・日系社会史年表』増補版を紹介、本編と増補版の2冊セットを100レアルで販売した。80セットと増補版3冊とまさに飛ぶような売れ行き。というのも、日系社会委員長の天野一郎・ヤクルト商工社長が「コロニアとの信頼関係は重要。日系社会を盛り立てましょう」と呼びかけ、自ら20セットを購入したことも呼び水に。「一番は天野さんのおかげ」と大喜びの鈴木所長。
     ◎
 会議所新年会では国際監査法人・PwC社が会議所と共同出版した会計用語集を紹介。200冊が配布された。日系企業ビジネスサポート担当の坂間カロリーナさんは「すごい反響で、4冊ほしいという企業の方もいましたが一社一冊でお願いしています」と喜んでいた。連絡先は同社サンパウロオフィスの坂間さん(11・3674・2434/carolina.sakama@br.pwc.com)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ