ホーム | 日系社会ニュース | 聖南西相撲大会を26日=全伯9連覇の祝賀会も

聖南西相撲大会を26日=全伯9連覇の祝賀会も

ニッケイ新聞 2012年2月11日付け

 聖南西文化体育連盟(山村敏明会長)主催の『第34回聖南西相撲大会』が26日午前8時から、カッポン・ボニート文化体育協会常設土俵(Rua Jose Inacio, 525, centro)で行われる。
 連合会に加盟する24文協から6〜18歳までの青少年約200人が出場。準青年、少年A・B、幼年のカテゴリに分かれて競う。
 昨年7月に行われた『第50回全伯相撲選手権大会』で9年連続の団体優勝を果たした男子相撲部の祝賀会もある。
 大瀧多喜夫相撲部長は「牛一頭を丸焼きにします。皆で祝いましょう」と参加を呼びかけた。
 詳細は同事務局(11・3684・0904)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ