1

東西南北

ニッケイ新聞 2012年3月23日付け

 10年11月に戦車まで出動して制圧されたリオ市アレモン地区で、子供を使った武器などの持込が行われている。21日夜は、精神障害を持つ15歳の兄に付き添っていた12歳少年が持っていた袋から米国製の拳銃が発見された。同地区では今週、麻薬密売者の指示で作ったと思われる6種類の爆発物も押収されている。平和駐留部隊(UPP)設置まで治安を担当する軍によれば、密売者はゲリラ的な戦法を採り始め、利用する子供を「上手くいかなければ殺す」と脅している。運び屋摘出のための検問強化で押収された武器は制圧前と大差なく、21日に押収された拳銃は7丁目。コカインや大麻、エクスタシーなどの麻薬も押収されている。
     ◎
 14日に2度の故障を起こし、3万人の足に影響をもたらしたCPTM9号線で25日、設備交換などの改良作業が行われる。このため同線は翌26日午前4時まで運休となる。アルキミンサンパウロ州知事によると、改良作業は25日を含め全部で9回の日曜に行われるが、次回以降の運休は作業個所だけとのこと。
     ◎
 TVグローボの9時のノヴェーラ「フィーナ・エスタンパ」はきょうが最終回。貧しい境遇から這い上がる生き方が共感を集めて来たヒロイン、グリゼルダの運命やいかに。月曜からは新ノヴェーラ「アヴェニダ・ブラジル」がスタート。