ホーム | 日系社会ニュース | 三重・芭蕉翁献詠俳句=7月末まで作品募集中

三重・芭蕉翁献詠俳句=7月末まで作品募集中

ニッケイ新聞 2012年4月21日付け

 松尾芭蕉の遺徳を偲び、芭蕉翁顕彰会(三重県)が『芭蕉翁献詠俳句』を実施するにあたり、作品を募集している。投句料無料、締め切り7月31日(必着)。
【募集作品・部門】①一般の部=季節は問わない、②テーマの部=「水」にまつわるもの。未発表の自作に限り、類句・類想句・二重投句は受け付けない。
【応募方法】郵便葉書または同型で同様の厚みの用紙を使用し、部門別に応募する。1枚につき2句まで記入、各部門10句まで投句可能。楷書で丁寧に記入し、難解な文字にはふりがなをつける。
 表に自分の郵便番号・住所・氏名とふりがな・俳号(ある人だけ)・電話番号、裏には希望選者名を明記の上、次のあて先に送付する。作品は返却されない。
 芭蕉翁献詠俳句係
 〒518—8770 三重県伊賀市上野丸之内117—13
【選者】①一般の部=有馬朗人、稲畑汀子、茨木和生、宇多喜代子、岡崎光魚、小澤實、鍵和田?子、金子兜太、倉田紘文、塩田薮柑子、西村和子、長谷川櫂、星野椿、正木ゆう子、三村純也、宮田正和、②テーマの部=片山由美子。
【賞】特選者には賞状および副賞、入選者には賞状を授与。受賞式は10月12日の芭蕉祭で行なわれ、同日サイト(www.ict.ne.jp/~basho-bp)でも発表がある。
 問い合わせは広田さん(11・2362・2903)、同会(Eメール=basho-bp@ict.ne.jp)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ