ホーム | 日系社会ニュース | ノロエステ連合=白石一資氏が会長5期目へ=「コロニアのため頑張る」

ノロエステ連合=白石一資氏が会長5期目へ=「コロニアのため頑張る」

ニッケイ新聞 2012年5月9日付け

 ノロエステ連合日伯文化協会が3月4日、『第53回定期総会』を聖州アラサツーバ日伯文化協会会館で開き、役員改選で白石一資会長(77、二世)の5期目の続投が決定した。
 白石会長はサンパウロとの繋がりも濃く、傘下団体の人望も厚いことから推薦を受け、満場一致で承認された。安永信一書記は「白石さんは傘下団体のイベントには必ず顔を出すので、皆が慕い尊敬している。何かあっても周りが気持ちよく協力する」と会長に適任である旨を説明した。
 白石会長は本紙の取材に「年も取ったし、惜しまれて辞める内が花。今年辞退しようと思っていたが、皆の要望に応え引き受けることにした。日系社会のために頑張りたい」と話した。
 「連合会はどこに行っても尊敬されるような大きな団体。次期会長には仕事も予め教えておかないと難しい。次は若い人に譲るつもり」と人材育成にも力を入れる考えを示した。
 役員改選のほか、農事研修会が1B地区で開催されることや、盆踊りが8月25日にアラサツーバで開催されることなどが決定した。飯星ワルテル連邦下議、木多喜八郎文協会長、清水オリジオ聖市義補佐官、アパレシード・セリオ同市市長、傘下28団体からも代表者ら約100人が出席した。本年度役員は次の通り(敬称略)。
 【顧問】古賀義之、新津英三、古川知則、森山栄、安永忠邦、早川正男、斉藤武平治、溝口玄石、長谷川峰雄、田中俊夫、【相談役】山本進、内村逸男、【白石一資】、【副会長】元山光男、【会計監査】伊地知之男、浜本久男、真田一男カロス、【会計】浜本玲子(第1)、橋口 桂智(第2)、【書記】安河内英輝(ポ語、第1)、安永信一(第2)、箭内和喜(日語)、【地区会長】園田仁一ネルソン(第1区A)、岡地建宣(第1区B)、中神剛(第2)、香林昭司(第3)。

image_print

こちらの記事もどうぞ