ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2012年9月19日付け

 佐々木教授が見せた在日ブラジル人の人口構成の変遷によれば、デカセギブーム直後の95年には、20代だけで40%近くを占めていた。その後、20代から40代までが平均してふくらむ形となり、かつて少なかった10代以下の若年人口(学歴期の子供ら)が2割以上となり、60代、70代高齢者の割合がみるみる増えた。デカセギ開始は85年といわれており、気がつけばあと3年で「30周年」。これは祝うべきか、どうなのか。
     ◎
 W杯との開催地となったリオデジャネイロの旧市街では、現在大規模開発が進行中。懸念の種であるホテル不足解消に向けて、今後4年間で2〜5つ星までの22軒のホテルを新設。売春宿で知られる「Le Paris」も改修され、高級ホテルに生まれ変わる予定だとか。治安の改善にも期待できそう…かな?
     ◎
 国際サッカー連盟(FIFA)はこのほど、14年W杯ブラジル大会の公式マスコットをアルマジロ(タツー)にしたと発表した。ブラジルの固有種で、絶滅の恐れがあるミツオビアルマジロ。体は黄、半ズボンは緑とブラジルカラー。名前は「アミジュビ」「フレコ」「ズゼコ」の中からファン投票で選ばれ、11月末にFIFA公式サイトで発表されるとか。しかしタツーは競技するより、ボールになるような気が…。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2014年4月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年4月16日  在ブラジル特命全権大使に就任した梅田邦夫さん。これまでの赴任歴を尋ねると、実は各国の大事件のオンパレードだ。ペルー赴任は公邸占拠事件の直後だったし、ニューヨークの国連代表部にいた時は9・11事件が勃発し、中国公使時代はチベット暴動や毒入り餃 […]
  • 大耳小耳2014年1月14日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年1月14日  サンパウロ市杯で、外国勢初の決勝トーナメント進出を決めた柏レイソルの若手チーム。コーチらがチームの様子を報告する「アカデミースタッフブログ」によれば、選手たちは11日にグループリーグで戦ったサンパウロFCと練習試合(45分1本)を行い、2 […]
  • 大耳小耳2014年1月7日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年1月7日  サンパウロ対柏レイソルの試合で、スタジアムに駆け付けたサンパウリーノの中には日系人の姿もチラホラと。ピッチ脇を移動していると「日本人ですかぁー?」と、ゴール裏の観客席から二世の女性に声を掛けられた。話によると日本へデカセギ経験があり、15年 […]
  • 援協・菊地会長(右)の乾杯で新年を祝う一同2014年1月3日 「力合わせてW杯代表応援を」=新年祝賀会で5団体が誓う=日伯交流の契機となる年に ニッケイ新聞 2014年1月3日 新年祝賀会がサンパウロ市の文協ビルで1日午前に行われ、200人以上が集まってお正月を祝った。ブラジル日本文化福祉協会、援協、県連、商議所、日伯文化連盟などの共催5団体代表のほか、JICAブラジル事務所、国際交流基金サンパウロ日本文化センター […]
  • コンフェデ杯=惜敗日本に大声援送る=響き渡るジャポンコール=会場を包む親日ムード2013年6月29日 コンフェデ杯=惜敗日本に大声援送る=響き渡るジャポンコール=会場を包む親日ムード ニッケイ新聞 2013年6月25日  【ベロオリゾンテ発=酒井大二郎記者】22日のコンフェデレーションズ杯・メキシコ戦に破れ、予選グループ3連敗に終わったサッカー日本代表。それでも、試合開始とともに「ジャポン」コールが沸き起こり、その数は前半だけで11回に上るなど、会場となった […]