ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2012年9月20日付け

 先週末あった「ドリームコンサート」は、歌手・西城秀樹さんの出演で本当に盛り上がった。関係者によれば、23年前に来伯した調整役との間にかすかに残っていた縁を辿り、「駄目もとで連絡を取った」のだとか。
 西城さんはリハビリを続け、構音障害や右半身麻痺という脳梗塞の後遺症と闘っている最中だった。記者会見の時、まだ呂律が十分回らず片足を引きずる様子を目にし、心配になったほどだ。
 医者の承諾があったとしても、本調子でない彼にとってブラジル公演はハードルが高かったはず。それでも来伯を決めたのは、「『23年前のあの人どうしてるかな』という気持ちで来た。仕事だけど、半分は仕事じゃない」と言った彼の言葉に表れている気がする。
 「もう年だしこれで最後」と言ったが、是非もう一度、コロニアとの歴史的再会を遂げてほしいと思う。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ