ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年1月8日付け

 5日付ロイターの記事に、日銀の総裁が米国で4日、「ブラジルや中国などの新興諸国で悪性の資産バブルが発生しつつある可能性に懸念を示した」との文があった。不学故に何を基準に悪性と呼ぶか判断しかねるが、7日付エスタード紙は昨年末までに未払いの連邦政府の経費は過去最高の2千億レアルに到達との報道も▼この金額は02〜03年の繰越額の10倍だから、庶民的に言えば、クレジットカードや先付け小切手の使用額が10年で10倍になり、払いきれずに越年といったところか▼一度贅沢の味を覚えると切り詰めるのは難しいが、庶民ならこれだけ借金があれば夜逃げするか首を吊るかという話になりかねないのに、国などが借金を重ね、今年の予算執行を脅かすほどの負債を負っていても、多くの庶民はそれをる知る事もなく日常生活が進んでいく▼新興国の雄といわれるブラジルや中国への懸念は、既にバブル崩壊経験がある日本ならではの発言だが、当該国がそれを自覚し、最悪の事態回避のための対策を講じているかは疑問だ▼リオ州での水害発生後の4〜5日のブラジルメディアには、連邦は膨大な金額の防災予防対策費を計上・公表しているのに、現実に支出されたのはごく一部しかないとの報道があった。リオ山間部では現場の諸問題により、2年前の復興支援費で建設するはずの家屋がまだ工事すら始まってないとの記事も。同州ではゴミの回収停滞が被害を大きくしたとの話も流れた▼今のブラジルはけっして資金がないわけではない。問題は政治家、官僚機構による使い方が効率的でない点のようだ。このような〃人災〃が庶民の生活を脅かす日はいつまで続くか…。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝2020年7月3日 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝  日本のプロ野球ファンのひとつのジョークのネタに「ダメ外人列伝」というものがある。これは、「高い期待を期待されながら入団したのに、活躍することなく終わった外国人選手」を揶揄して楽しむものだ。  6月30日に教育相を辞任したカルロス・アルベルト・デコテッリ氏のこの数日の […]
  • 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは2020年6月30日 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは  コロナ・パンデミックによって、世界が不自然な方向に追いやられている気がしてならない。今回のコロナ対策には現代文明の歪みが、そのまま現れている気がする。こんなことを書くと、怒る方もいるかもしれないが、根本的なレベルからの議論が必要な問題だという意味で提起したい。  今 […]
  • ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖2020年6月26日 ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖  コロナ禍における外出自粛のあいだの過ごし方として「動画配信サービスでの映画やドラマのビンジ・ウォッチング(一気見)」というのが世界的な現象として見られた。  外に出ても映画館もコンサート会場も、スポーツ・スタジアムも開いていない。そんなときにできることと言えば、家に […]
  • 何気ない日常の尊さ2020年6月25日 何気ない日常の尊さ  ブラジル初の新型コロナ感染者確認から早4カ月。ブラジルでは24日朝の時点で5万2788人、世界中では47万4609人という、大きな犠牲者が出ている。  外出自粛などで感染拡大が終息した国、拡大中の国、感染再燃中の国など、実情は各国各様だ。だが、どの国でも共通する事の […]