ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年1月18日付け

 大島渚監督が15日に亡くなった。妻で女優の小山明子が当地に深い縁を持つことは有名だ。パラー州のトメアスー移住地に胡椒の苗を持ち込んだ南米拓殖会社の社員・臼井牧之助が実父だからだ。その関係で約30年前の1984年9月、アマゾン入植55周年式典に同夫婦は初来伯した▼大島は『愛のコリーダ』(76年)『愛の亡霊』(78年)『戦場のメリークリスマス』(83年)と立て続けに話題作を発表した絶頂期だった▼当時のパ紙をひっくり返すと、同監督来伯の記事がほぼない。ところがポ語欄では2度も大きく取り上げられていた。すでに日本的、コロニア的というより、国際的な存在だった▼84年9月19日付け同ポ語欄で大島監督の講演内容を紹介している。当地のグラウベル・ロッシャ監督の作品に共感を覚え、実際に本人と話をする機会があったという。セルトンの厳しい現実を描いた映画『Deus e o Diabo na Terra do Sol』等を代表作とする天才の誉れ高い監督だ▼グラウベルは62年にサンパウロ市で大島の『青春残酷物語』『太陽の墓場』を見ている。まだ欧州では未公開だった時期であり、日本以外で最大の同胞社会があったからそれが可能だった。大島は「グラウベルと後に知り合ってこう言われた。あの映画をみて、オオシマはきっと年寄りに違いないと思ったって」と大笑した▼大島のブラジルとの出会いはソグロだった。「妻の父が常々ブラジルのことを熱く語って聞かせたので、その映画には自然と深い興味を持つようになり、いつの日か訪れたいと強く願うようになった」とある。臼井のそんな隠れた功績にも喝采を送りたい。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • たった18年でブラジル最大の証券ブローカーを作った天才実業家2019年12月17日 たった18年でブラジル最大の証券ブローカーを作った天才実業家 「XPの旅路」は、どこに向かっているのか?  「僕らの旅路は始まったばかりだ」――ブラジル最大の証券ブローカー「XP Investimentos」(以下XP)の共同創業者、ギリェルメ・ベンチモル氏(Guilherme […]
  • 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?2019年10月15日 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?  「どうしてブラジルからは、彼女のように祖国で注目される作家が生まれなかったのか?」――10日晩、サンパウロ文化センターで行われた多和田葉子(59、ドイツ・ベルリン在住)の公開対談を聞きながら、海外在住者が持つ「外からの視点」という共通点を強く感じ、そう残念に思った。 […]
  • 生き残りを模索するニッケイ新聞2019年6月25日 生き残りを模索するニッケイ新聞  日本移民の日の特集号に掲載した「サンパウロ新聞廃刊の経緯」には、日本側を含め、各方面からたくさんの反響が寄せられた。それだけあの廃刊は大きな衝撃を与えたのだと痛感した。  と同時に、「ニッケイ新聞はどう生き残るつもりなのか。戦略を説明しても良いのは」という意見も頂戴 […]
  • 《ブラジル》ナマの日本を伝える人気ユーチューバーという存在2018年6月5日 《ブラジル》ナマの日本を伝える人気ユーチューバーという存在  在日日系人を代表するユーチューバーの一人、デボラ・ハッヅさん(Deborah […]