ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年1月25日付け

 南青協の意見交換の場では、斉藤重雄元会長が「夫が亡くなっても奥さんが会費を払い続けている。同じ釜のメシを食った仲間の絆の強さがここに現れている」と力説。神代組と呼ばれた一期生の妻・磯中晴子さん(75、三重)は、夫の逝去後自然と集まりに参加するようになった。「ご主人が亡くなってから来る人は多い。大きな家族みたいな感じ」と笑顔を見せていた。
     ◎
 20代の頃、マット・グロッソ州のタピラペ族と共同生活した青年隊員・山木源吉さんも総会に出席。文明人との接触で崩壊した彼らの生活を立て直すため、昨年事業計画を政府に提出したが「まだ何の返事もない。でも独自でやるには財政的に無理」とか。毎年部落を訪れ作物や苗の育て方を手ほどきするが、今回は「マンジョッカだけでも植えようという動きが出てきた」と良い兆候に少し安堵の表情。
     ◎
 リオ在住のフルート奏者熊本尚美さんが2、3月に「新春日本ショーロツアー」を行なう。東京、藤沢、名古屋、大阪、京都、神戸、岡山、博多で14公演。演奏者の出身地や演奏場所で雰囲気が変わってくるほど繊細な音楽だとか。「そのなかでも発祥の地リオのショーロが一番」と04年からリオに住み、ブラジル人にショーロの普及に尽力している熊本さん。日本各地でリオの風が吹くことだろう。詳しくは熊本さんのHP(www.naomikumamoto.com)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年10月19日 大耳小耳  「高齢者向けに日本語でスマフォやタブレットの使い方を教えてくれる講座があれば、利用者はかなりいるかも」などと思いつき、ネット上で探していたら、聖市文協が「DIGITALIDADE - inclusão digital para a terceira […]
  • 大耳小耳2018年7月31日 大耳小耳  日本ブラジル中央協会(大前孝雄会長、東京都港区)発行の会報『ブラジル特報』1645号が7月に刊行された。今回も読みどころ満載だ。【特集・ブラジル政治塾】(舛方周一郎・神田外語大専任講師)は、大統領選で《ルーラが出馬しない前提での決選投票で、アルキミン(PSDB)とシロ・ゴメス […]
  • 大耳小耳2018年6月8日 大耳小耳  トラックストの影響で聖南西のいくつかのイベントが日程変更にした。レジストロで行われる「第18回聖南西カラオケしんぼく」が5月27日から7月1日に、カッポンボニートで行われる「第62回相撲大会」が6月3日から同月24日にそれぞれ日程を変更した。またサンミゲル・アルカンジョの「第 […]
  • 大耳小耳2018年5月4日 大耳小耳  日伯経済文化協会(在東京)が、公立校在籍のブラジル人小中学生を職業体験施設「キッザニア […]