ホーム | 日系社会ニュース | 福岡県人会総会に80人=10月の世界大会に参加

福岡県人会総会に80人=10月の世界大会に参加

ニッケイ新聞 2013年2月8日

 福岡県人会(南アゴスチンニョ俊男会長、約6百家族、11支部)が3日、大阪なにわ会館で『第83回定期総会』を開催し、クリチーバやスザノなど多数の支部長ら含め約80人が出席した。
 昨年度事業報告、会計報告ともに滞りなく進み、拍手で承認された。
 今年10月に母県である「福岡県人会世界大会」について、田中公副会長から詳しい日程の説明があった。なお、説明によれば、県が負担軽減のため、毎年7月頃に実施している「海外福岡県人会子弟招へい事業」と併催する話も持ち上がっているという。
 2010年から制作が進められていた百周年記念誌『ブラジル福岡県人発展史』(510頁)は、昨年3月に完成。左頁が日ポ両語の対訳がある。非会員も30レアルで購入可能。
 最後に高齢者表彰があり、今年の県費留学生の紹介と挨拶が行われた。横尾謙児さん(26、四世)ら4人は「このような機会を与えてもらい感謝する。帰国後は県人会をしっかり手伝いたい」と日本語で謝辞を述べた。
 総会終了後は皆で昼食を取りながら、親睦のひと時を持った。

image_print

こちらの記事もどうぞ