ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2013年2月16日

 本面トップで紹介した秋間さんが目指す「ブラジル人主体」という球団のコンセプトは、他のスポーツを見渡してもまずみつからない珍しいものだ。
 通常、プロスポーツリーグの多くには、自国の選手の保護を目的に、1チームの外国籍選手登録数の上限が定められている。制限のない「登竜門リーグ」であるBCリーグでの活動を前提にするからこそ、一見有り得ないようなチーム構成も可能になるようだ。
 どれだけ選手が集まるのか、まず何より設立の目処が立つのか未知数であるのは間違いないが、初の「外国籍軍団」がブラジル人主体のものだとすれば、それを育てた日系社会に対して改めて光が当てられるはず。
 WBCへの出場を決めたことで、少なからず世界で存在が知られるようになったブラジル野球。さらなる発展のためにも、秋間さんの活動を応援したい。(酒)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • コラム オーリャ!2013年2月28日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2013年2月28日 […]
  • コラム オーリャ!2013年2月9日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2013年2月9日  「30年前は野球代表と言えば日系人しかいなかった」とは、長く地域のクラブで指導に携わる関係者の言葉だ。 […]
  • コラム オーリャ!2013年2月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2013年2月20日  「ニッケイ新聞は、やっぱり日系人が読んでるの?」というような質問をされ、「日本語の新聞だから基本的には移住者だよ」と回答し、わかったようなわからないような顔をされるというやり取りを、日本で何度か繰り返した。 […]