ホーム | 文芸 | 連載小説 | 移り住みし者たち=麻野 涼 | 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第17回

連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第17回

ニッケイ新聞 2013年2月20日

 体を回転させたはずみで彼女と視線が合った。彼女の踊りは児玉を挑発するように激しく腰をくねらせ、踊りながら四つ目のボタンを外す仕草をしてみせた。そして踊りながら児玉の目の前までやって来た。香水と彼女の体臭が混ざった匂いが漂ってくる。しかし、雰囲気がそうさせるのか、決して不快な匂いではなかった。児玉は覚えたばかりのポルトガル語で話しかけた。
「ケ・リンダ!(何てきれいなんだ)」
「オブリガーダ(ありがとう)」
「トマ・セルベージャ・オウ・ウイスキー・コミーゴ(ビールかウィスキーでも一緒に飲もう)」
 彼女はニッコリと笑った。児玉は空いているテーブルに誘うと、彼女はテレーザと名乗った。児玉も自分の名前を口にしたが、なかなか発音しにくい名前のようだった。ビールを飲みながら話をしたが、名前とどこに住んでいるかを話したくらいで、会話は数分でとぎれてしまった。児玉の会話力はそこまでだった。
 彼女はそれでもゆっくりとした口調で懸命に話しかけてきてくれた。児玉はそれに答えようとしたが、やはり無理だった。仕方なくポケットから小さな辞書を取り出して、彼女に渡した。
 テレーザは辞書を取り出すと、ページを開けて「NAMOR」の項目を指で示した。「恋愛」という意味だった。その次に彼女が開いたページには、「HOTEL」が示されていた。
 テレーザは児玉にホテルに行く気があるのかどうかを確かめていたのだ。その意味がわかると、「タ・ボン(いいよ)」と答えた。
「アゴーラ?(今…)」テレーザが聞いた。
「アインダ(まだ)」
 児玉はまだ酒を飲んでいたい気分だった。ボーイを呼んでウィスキーを注文した。オールド・8というブラジル国産のウィスキーが口に合った。ボーイは三分の一が空いているオールド・8のボトルと氷、ミネラルウォーターを運んで来た。ボトルにはメジャーが貼ってあり、ペンライトでメジャーを示しながら何かを言った。児玉には意味がわからなかった。
「彼は旅行客なのよ」テレーザがボーイに言った。
 その答えにボーイは納得した様子で引き上げていった。ボーイの言った意味がわかったのは、飲み代を支払うときだった。ボーイは再びメジャーを示しながら、料金を児玉に告げた。ボトルに貼られたメジャーで飲んだ量を計り、それによって料金が決まった。最初にボーイが指し示したのは、飲む前のボトルの量を客に確認させていたのである。
 児玉は辞書を引きながら懸命にテレーザに話しかけた。サンパウロに来てまだ一ヶ月も経過していないこと、新聞記者をしていることなどを話した。テレーザに児玉が観光客ではなく、新来の移民だということがようやく伝わった。
「ブラジルは好き?」テレーザが聞いた。
「もちろん」
 会話は簡単なものだった。しかし辞書を引きながら一生懸命に話しかける児玉に好印象を抱いたのか、テレーザも嫌な顔をせずに単純な会話に付き合ってくれた。やがて二人の会話は完全に途切れてしまった。
 テレーザは児玉の手を取ってダンスフロアに誘った。
「ヴァモス・ダンサー(踊りましょう)」
 彼女の真似をしてサンバを踊ってみるが、足のステップも、体も、激しいリズムについていけない。児玉の踊るサンバは最後は阿波踊りになっていた。他に日本人客がいるわけでもなく、児玉は酔いにまかせて、好き勝手にフロアで踊りまくった。
 奇妙なサンバにテレーザが声をあげて笑った。
「オッチモ(上手よ)」
 他の客やフロアで踊っている女性も、児玉に声をかけた。
「ジャポネース、ダンサ・ベン(日本人、やるじゃないか)」
 気がつくと、テーブル席の客も児玉の踊りに腹を抱えながら笑っていた。汗が噴きだしシャツは汗にまみれた。


著者への意見、感想はこちら(takamada@mbd.nifty.com)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「日本祭りへの提言」への県連としての見解=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫2019年5月23日 「日本祭りへの提言」への県連としての見解=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  去る5月4日のニッケイ新聞6ページで「巨大商業化した日本祭りへの提言/来場者のための本当のカイゼン」と題した特別寄稿として、5つの点で率直なご指摘ありがとうございました。  しかしながら、一般への誤解を招かないためにも私の見解を県連(ブラジル日本都道府県人会連合会) […]
  • 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有2017年9月2日 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有  ブラジル静岡県人会(原永門会長)創立60周年式典が8月27日午前11時、同会館で開催された。母県からは川勝平太県知事、杉山盛雄県議会議長らが出席。集まった250人を超える県人会関係者と共に節目を祝った。来賓らは祝辞のなかで先人たちの功績に触れ、その苦労を偲んだ。式典後 […]
  • カーニバル=ヴァイヴァイが呼びかけ=「日系社会からも参加を!」2017年2月10日 カーニバル=ヴァイヴァイが呼びかけ=「日系社会からも参加を!」  サンパウロの有力サンバチーム「ヴァイヴァイ」(ダルリ・シウヴァ会長)が1月31日、ニッケイパレスホテルで記者会見を行った。会見には50人の報道関係者らが集まり、今年度の発表を聞いた。  会見には同チームのトヴィアス・ダ・ヴァイヴァイ名誉会長のほかジレトール・デ・カーニバ […]
  • ニッケイ俳壇(914)=星野瞳 選2016年11月10日 ニッケイ俳壇(914)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 ランプ下げ通いし句会念腹忌 アラポンガ鳴き止めば森がらんどう 木々芽ぐむ枝にぎやかに差し交わし 森の穂にアララが騒ぎ初明り 万緑の中漂へる鷺一羽 大雷の鳴り夕立のはたと止む […]
  • ニッケイ俳壇(910)=星野瞳 選2016年10月14日 ニッケイ俳壇(910)=星野瞳 選 アリアンサ         新津 稚鴎 淋しさの寒月光に身を委ね 麻州野の大夕焼の森閑と 鳳梨売る砦の如く積み上げて 霧の中飛び来るは皆トッカーノ グァタパラ         田中 独行 巻き風の吹き上げておりパイナ飛ぶ […]