ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2013年3月26日

 本紙記者を始めて2年に手が届こうとしているが、取材で会った人の訃報に接することもそれだけ多くなった。サントスの遠藤浩さんには援協の会議でたびたび、サントス日本人会の市議会での表彰時にも話ができた。
 来伯して日が浅い記者に対しても、常に温和な笑顔と話し方で接してくれる人だった。サントス厚生ホームのイベントには2度行ったが、足を運ぼうと思ったのは、「ぜひ来てください。一杯やりましょう」と声をかけてもらったからというのも大きかった。
 立ち退き、接収、返還—。歴史の波に翻弄された旧サントス日本語学校校舎が日本文化センターとして新たな一歩を踏み出したとき、日本人会会長。それを経て三世の会長にバトンタッチした。感無量の瞬間がたくさんあったに違いない。
 そんな歴史をずっと見てきた人にもっと話を聞きたかったが、残念だ。冥福を祈りたい。(詩)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • オーリャ!2015年9月29日 オーリャ!  インターネットを使ったテレビ電話が一般化し、語学学習のあり方も変わってきた。最近聖市の語学学校CNAが興味深い授業を始めた。英語を学びたい生徒が、米国の老人ホームの高齢者とテレビ電話で話すのが特徴だ。 通常のネット語学学習には見られない、心のつながりが上達の秘訣だという。お年 […]
  • 6月21日サントスFC対コリンチャンス戦の試合後監督会見にて。サントスFC代行監督セルジーニョ2015年6月24日 「俺がルールだ。文句あっか!」  試合取材の一幕――記者証を見せても、サッカー場の係員は「有効期限切れだからダメ」と断固入場を拒否。「必ず更新するから今日だけ見逃してよ」と言っても取り付くしまなし。仕方なくチケットを買ったが、今度は一般客の入場規定に引っかかり「紙類、ペン類、傘は没収」ときた。 […]
  • 皇室ご来伯を期待するアルバレス・マッシャード2016年3月10日 皇室ご来伯を期待するアルバレス・マッシャード  「110周年皇室の来伯実現へ動き出している」―昨日付で報じたノロエステ連合の安永信一新会長は力強く話した。ノロエステ線以外にも期待される地域がある。 6日の総会を前に、別件の取材で奥ソロのアルバレス・マッシャード日本人会の催しで会員と話す機会があった。笠戸丸到着から10年後の […]