ホーム | 日系社会ニュース | 5年後に会いましょう!=最後の移民船にっぽん丸=40周年同船者会を開催=約60人が笑顔で集う

5年後に会いましょう!=最後の移民船にっぽん丸=40周年同船者会を開催=約60人が笑顔で集う

ニッケイ新聞 2013年4月5日

 「5年後にまた会いましょう」—。1973年3月27日サントス着の最後の移民船「にっぽん丸」の40周年同船者会が先月30日、熟連クラブ会館であり、ミナス、リオ、南大河各州から家族を含めた約60人が参加した。10、30周年に続き3回目。靴が鳴るのメロディーで歌う「にっぽん丸のうた」の合唱、到着時のブラジルに関するクイズ、余興などで盛り上がった。約30人の同船者らは歓談を通し、ロマンを抱いて太平洋を渡った往時を振り返り懐かしんだ。

 —横浜港大桟橋は、南米移住者を見送る約三〇〇〇の人びとで埋め尽くされていた。「夢の大地が呼ぶ」、「頑張れ○○○○君」などと書かれた大きな幕が潮風にはためき、パタパタと音をたてていたー『母と子でみる ブラジルへ 日本人移民物語』(草の根出版会)の一節だ。

 著者は本紙の藤崎康夫東京支局長。移民の追体験をしたいと船に乗り込み、航行の様子を一項を設けて紹介した同書によれば、南米への移民船は、「にっぽん丸」に乗り込んだ移民は285人。ブラジルが222人、アルゼンチン36人、パラグアイ25人、ボリビア2人だった。この船は世界周遊を兼ねており、100人強の旅行者も同船した。

 出航したのは、同年2月14日。この船を最後に飛行機移民時代へ。変動相場制となり1ドル308円から270円代になった日でもある。日本は高度経済成長の終焉期を迎え、うねるような時代だった。

 「だから戦前の移民とは全然違う。タダでブラジルに行ける、と遊びに来た人も多い。3分の1はすぐ帰ったのでは」と話すのは生駒憲二郎さん(65、三重)。サラリーマンだったが、外国に行きたいという思いは止まなかった。来伯後2年間会社勤めをしたが、28歳で陶芸の世界に。

 同船者全員の記憶にあり、生駒さんが「人生の大失敗」と頭を掻くエピソードがある。

 米国ロスで一時下船が許され乗船者らは観光を楽しんだ。しかし出航時間を過ぎても「二人がまだ帰って来ない」というアナウンスが流れる。

 聖州サレゾーポリスで花作りをする大塚茂樹さん(64、岐阜)は「30分過ぎたら出航するっていうし、みんな甲板に立って成り行きを見ていたら、向こうから砂煙上げてタクシーが港に向かってくるんですよ」と今でも笑いがこみ上げる様子だ。「英語ができないから行き先を伝えられなくて…帰ったら事業団の人や皆に怒られ始末書まで書かされた。どこに行ってたか?

 それは勘弁して」と頭を抱えた。

 ミナス州ベロオリゾンテ市から、妻の静江さん(58、神奈川)と参加した高根富士雄さん(65、長崎)は旅行記『なんでも見てやろう』(小田実著)に触発され、70年に世界を無銭旅行。すでに兄昭秀さんが移住していたブラジルも訪れた。「(トマト栽培が上手くいっていれば)4千万円もうかっていた」との話に移住を決意。帰国後、横浜国大で学んでいたが、最後の移住船と聞いて退学した。

 「誕生日の2月20日に日付変更線を越え、人生で初めて2回を祝ってもらったのが思い出」と懐かしむ。「大もうけしようと思って来たけど無理。やっぱり悪人にはなれないよ」と破顔一笑。  「25年前に50歳で亡くなった主人のユポ(仮装劇の主役を務めた)が、ワイロと書いた箱持ってね。楽しかった」。赤道祭でも披露したという戸塚マリさん(81、北海道)のフラメンコも注目を集め、傘寿過ぎとは思えない足さばきに拍手が起こった。

 世話人の辻哲三さん(68、兵庫)は「次に繋がるような関係ができたのでは」と盛会ぶりを喜び、閉会時には「またやりたいですが10年後だと…大丈夫かな」と会場を見渡し、笑いを誘った。参加者らは5年後の再会を約し、名残り惜しそうに会場を後にした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 県連代表者会議=岐阜が再入会、46県へ=定款改正など12委員会設置2008年4月24日 県連代表者会議=岐阜が再入会、46県へ=定款改正など12委員会設置 ニッケイ新聞 2008年4月24日付け  ブラジル日本都道府県人会連合会(与儀昭雄会長)は四月度代表者会議を、十七日午後四時から三重県人文化擁護協会で行った。 […]
  • ブラジルが太平洋に通じる鉄道を持ったら?2017年2月7日 ブラジルが太平洋に通じる鉄道を持ったら?  「ブラジルが太平洋に通じる鉄道を持ったらどうなるか?」というのは夢のような話だが、トランプ就任が時代の変わり目であることを考えれば、再考してもいいのではないか。トランプがTPP離脱を宣言したことで新しい動きが生まれている。ブラジルとアルゼンチンが1月31日、「日本、カ […]
  • W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭2015年11月19日 W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭  サッカーのワールドカップ南米予選は18日に第4節を終えたが、ブラジル・セレソンは現時点で勝ち点7、得失点差3で3位につけている。 第4節終了時点での順位は以下のとおりだ。1位エクアドル、2位ウルグアイ、3位ブラジル、4位パラグアイ、5位チリ、6位アルゼンチン、7位コロンビア、 […]
  • ロシアW杯=南米地区予選突破に暗雲=ブラジル初の黒星スタート2015年10月10日 ロシアW杯=南米地区予選突破に暗雲=ブラジル初の黒星スタート  8日、チリの首都サンチアゴで行われた、18年ロシアW杯南米地区予選開幕戦で、伯国代表はチリに0対2の敗北を喫した。チリ相手の敗戦は15年ぶり、W杯予選開幕戦の黒星は史上初と手痛い結果となったと9日付伯字紙が報じた。 大黒柱ネイマールを欠く伯国は先発に前回大会経験者8人を並べた […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=862015年5月26日 パナマを越えて=本間剛夫=86  農業担当官はブラジルに駐在したことがあり、私が戦後二度目の旅行の際、サンパウロで日本人移住者の候補地選定に動向した間柄だったことを知って親しみが湧いた。彼はボリビアの底地ジャングルに新設されたサンファン移住地の農業指導者として駐在しているのだといった。 食卓を囲みながら、 […]