ホーム | 日系社会ニュース | 鈴鹿市のNPO愛伝舎=デカセギ子弟に奨学金授与=坂本代表「目標実現した」

鈴鹿市のNPO愛伝舎=デカセギ子弟に奨学金授与=坂本代表「目標実現した」

ニッケイ新聞 2013年4月10日

 三重県鈴鹿市で外国人住民の生活支援等を行うNPO団体「愛伝舎」(坂本久海子代表)が先月28日、「第1回 夢の懸け橋 奨学金」の授与式を、同団体の事務所で行った。
 地域に住む大学や専門学校に進学する外国籍の子弟等を対象に奨学金を与え、勉学の支援をするという趣旨。最初の奨学生に選ばれたのは、県立飯野高校3年のブラジル国籍の榎本ジェシカ、浜野美幸さんの2人。榎本さんは関西大学、浜野さんは鈴鹿国際大学にそれぞれ進学予定だ。
 同団体が立ち上げた、三重県人移住百周年、三重と聖州の姉妹州県提携40周年を記念して様々な事業を行う『MIEBRAS PROJECT』の一環。趣旨に賛同した松阪市の「辻製油株式会社」代表取締役社長の辻保彦氏がスポンサーとなり、同社からの寄付や愛伝舎への寄付金、「MIEBRAS」活動の収益金から、10万円ずつ授与した。
 授与式で、榎本さんは「感謝と夢」、浜野さんは「支えてくれた人への感謝の気持ち」と題してスピーチを行い、それぞれ中学生の時にブラジル人学校から公立中学校に転校した後、苦労しながら飯野高校に進学し、教師や仲間、家族に支えられて大学進学を決めた経験談を語った。
 坂本さんは、「嬉しいの一言。05年に始めた愛伝舎は子どもへの支援から始まった。最初の目標の実現になった」と喜んだ。
 授与式にはNHKなど8社の日本のメディアが取材し、注目を集めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • ■尋ね人■田中実記さん2019年7月17日 ■尋ね人■田中実記さん  三重県松阪市在住の大西教生(のりお、旧姓田中)さんが、弟の田中実記(まさふみ)さんに関する情報提供を呼びかけている。  実記さんは1960年頃に、「ブラジル丸」か「アフリカ丸」で渡伯。移住直後は農場に勤め、水産関連の卸業にも携わり、92年頃にデカセギでいったん日本に帰ったが […]
  • ブラジリアンプラザ再開=在日外国人支援の拠点に=(下)=地域住民、活性化に期待2019年4月17日 ブラジリアンプラザ再開=在日外国人支援の拠点に=(下)=地域住民、活性化に期待  再開したブラジリアンプラザが目指すのは「日本版文協」だ。林事務局長は、「単なる商業施設ではなく、在日外国人も観光客もここに来れば何かしらの答えが得られる。福祉、起業、観光の起点にしたい」と話す。  さらに、館内には90年以降のブラジルから日本へのデカセギについて紹介する資料 […]
  • デカセギ=覚醒剤250キロ密輸=所持疑いで伯人4人逮捕2018年4月5日 デカセギ=覚醒剤250キロ密輸=所持疑いで伯人4人逮捕  覚醒剤約250キロ(末端価格約150億円)を所持していたとして、日本の警視庁が4日までに、覚醒剤取締法違反の疑いで伯人男性4人を逮捕したと、複数の日本のメディアが4日に報じた。  西日本新聞4日付によれば、香港から1月に東京都内に船舶で密輸され、宛先は群馬県内の会社だった。 […]
  • 文科省調査=日本語指導必要3万人突破=最多はポ語のデカセギ子弟2017年6月14日 文科省調査=日本語指導必要3万人突破=最多はポ語のデカセギ子弟  【共同】公立小中高校などに在籍する外国人の児童生徒のうち、日常生活や授業に支障があり日本語指導が必要な子どもは昨年5月1日時点で全体の4割に当たる3万4335人となり、過去最多を更新したことが13日、文部科学省の調査で分かった。前回調査の2014年度から5137人増で1991 […]