ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年4月19日

 コレジオ・ブラジル・ジャパンにかつて勤めていた秋間恵美子さんによれば、3月末に伯政府主催の中学高校資格認定試験が浜松と名古屋であり、一千人近くが申し込んだそう。しかし政府の説明が不十分で、パスポートがなければ受験できないことを知らずに来て、無駄足だった人もいたとか。外国人登録証では不可、パスポートのコピーを後日郵送するのでもダメで、「勉強しようとする人を救うという政府の意思が感じられなかった」。さらに伯メディアの取材も禁止したらしく、「こういう制度があること、資格を取るために頑張っている人がいることをメディアで伝えることに何の不都合があるのか、制度の普及にもつながるのに」と篠田カルロスさんも怒り心頭だったとか。
    ◎
 24日から始まるエキスポヴィニスは、70レアルで世界の高級ワインをお試し放題と、ワイン好きにはたまらないイベント。コンクール「トップテン」の優秀ワインを即座に飲めるのも嬉しい。昨年は2万人が訪れ6万本のワインを空けた。SANJOの平延渉さんによれば「帰る頃にはベロベロに酔っていた人もいた」とか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年9月21日 大耳小耳  5月16日に来伯して伯国中を飛び回り、パラグアイでも歌声を披露している歌手中平マリコさんだが、10月6日に帰国する予定。1日に開催された「第5回さぁ~始めよう」はもちろん、県連日本祭り、アマゾン移住90周年記念行事への出演、日系福祉施設の巡回公演など精力的に飛び回り、そこで募 […]
  • 大耳小耳2019年9月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』478号が8月に発行された。《母の日や誤字も嬉しき子の便り》(モジ=幸村みさを)には思わず共感。日本語で書こうとしてくれた子の気持ちだけでも嬉しい。《蘭園や花の浄土もかくあらん》(モジ=佐々木君代)という作品からは、馥郁たる匂いまで漂ってきそう。《英語多き母国誌に […]
  • 大耳小耳2019年8月20日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長)=兵庫県神戸市所在=会報『ブラジル』984号(7月発行)を見ていたら、駐日ブラジル全権大使のエドゥアルド・パエス・サボイア氏の着任挨拶がでていた。来年は東京五輪の年であるのと同時に、在日ブラジル人にとっては「コミュニティ30周年」の記念の年だとか。1 […]
  • 大耳小耳2019年7月26日 大耳小耳  ブラジル日系熟年クラブ連合会の機関誌『ブラジル老荘の友』545号を見ていたら、羨ましい話が出ていた。毛利ペドロさんの投稿によれば、妻と二人で金婚旅行に日本45日間めぐりをしたという。下関でフグ料理、富山でホタルイカ、宮城県の松島ではイカやカキ、北海道の函館ではタラバガニやイク […]