ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 大サンパウロ市圏=オゾン汚染10年で最悪=排気ガスと少雨が原因か

こちらの記事もどうぞ

  • 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も2015年12月30日 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も  1955年の発足から60年―。ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)が創立日である17日、創立60周年を祝し文協ビルで記念式典を行なった。招待客ら600人以上が出席し、還暦の節目を祝った。 文協の前身は、54年に発足したサンパウロ市制400周年祭の日本人協力委員会。移民50 […]
  • 百周年を記念してBR―369沿いに建設された大鳥居2015年7月7日 「日本人なくして北パラナの開拓なし」=州入植百周を盛大に祝う=前線基地だったカンバラ  パラナ日伯文化連合会(折笠リカルド力己知会長)が主催してパラナ州日本人入植百周年記念式典が13日にカンバラ市に約150人の日系団体代表が集まり、続いて翌週20日には慰霊祭がローランジャ市日本移民センターで盛大に挙行された。カンバラは北パラナの玄関口として、また〃足場〃とし […]
  • 想定外?!イトゥアーノ優勝2014年4月16日 想定外?!イトゥアーノ優勝 ニッケイ新聞 2014年4月16日  Deu Zebra!(予想外の活躍)との見出しがあちこちの新聞に踊った。ソロカバ近郊のイトゥアーノ(IT)がサントスに勝って優勝したサンパウロ州選手権のことだ。サッカー評論家ソルマニはブログに《ジュニーニョ(IT会長)は全伯のクラブ会長の前 […]
  • 少雨や洪水は地球温暖化か=IPCCが報告書発表=ブラジル農業界にも影響大=農産物の栽培地も変化?2014年4月2日 少雨や洪水は地球温暖化か=IPCCが報告書発表=ブラジル農業界にも影響大=農産物の栽培地も変化? ニッケイ新聞 2014年4月2日  横浜市で開催された国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の総会が終わり、3月31日に地球温暖化で社会が受ける影響と対応策についての報告書が公表された。この最新報告書には、カフェ栽培への影響など、ブラジルにも関連した項目も出て来る。 3月 […]
  • 作品の一例2014年2月19日 武蔵野美大が『交流展』=展覧会、ワークショップも ニッケイ新聞 2014年2月19日 武蔵野美術大学(東京)が、サンパウロ市のアトリエ・フィダウガ、デコ画廊とともに26日から約2カ月間、サンパウロ州で文化交流プロジェクト『表現の両局/Sintonias […]