ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年4月30日

 無責任な担当者のせいで大幅に発刊が遅れた百年史・農業編。原稿を提出したにも関わらず何の連絡もなくボツにされるという無礼極まりない仕打ちを受けたモジ在住の野澤弘司氏の原稿「ブラジルに於ける茸栽培の沿革と一考察」を本紙6面で掲載中だ。なかなか好評で問い合わせもチラホラ。終了後は、これまたボツにされ、怒り心頭に発している外山脩氏の「第二次大戦と日本移民 勝ち負け騒動の真相を探る」を掲載する予定。ご期待ください。
     ◎
 非日系人の間で愛好者が増えつつある盆栽。ウィキペディアによれば、欧州では1970年頃から人気に火が付き、米国共に盆栽協会設立、愛好者の多いイタリアには専門学校まであるとか。地味なイメージがつきまとう盆栽だが、全長約2センチの世界一小さな盆栽やミニ林檎がなる「クラブアップルツリー」、SF風の箱庭ツリーハウスなど、海外のマニアを虜にするだけあって奥深い世界が広がっている。
     ◎
 ボリビアのサンフアン日ポ協会が発行する「ABJ(アベホタ)通信」4月号のPDF版がメールで届いた。14頁構成で内容は行事予定、JICAボランティアの紹介、ボリビア日系協会連合会理事会の議事録、各種研修報告などコロニアのニュースだけでなく、ボリビア国内や周辺国のニュースを日本語でまとめたものも。後半はスペイン語版もあり、なかなか読みやすく充実している。これを楽しみにしている一世も多そうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2016年9月13日 大耳小耳  「ウチナーンチュの心」を次代に伝えるための日ポ両語の同人誌『群星』第2巻が、ブラジル沖縄県人移民研究塾(宮城あきら塾長)により7月に発刊された。9月20日にその合評会が予定されていたが、大事な有志、高安宏治さんが入院・手術中ということもあり、延期になった。高安さんは、本紙6面 […]
  • 大耳小耳2018年5月10日 大耳小耳  伯外務省サイトによると、東京都の在日ブラジル大使館にはエドゥアルド・パエス・サボイア氏が特命全権大使として就任する予定だ。同氏はボリビア国ラパスの伯大使館に勤めていた2013年当時、モラレス大統領と対立して伯国への亡命を求めていた同国上議を「人道的理由」から伯国に受け入れた。 […]
  • 大耳小耳2005年6月30日 大耳小耳 6月30日(木) […]
  • 大耳小耳2005年8月25日 大耳小耳 2005年8月25日(木) […]
  • 大耳小耳2010年10月29日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2010年10月29日付け […]