ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 若者の自殺率30%も増加=〃タブー〃を公に語ろう

若者の自殺率30%も増加=〃タブー〃を公に語ろう

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • ■セルジオ・リカルド死去■ボサノバや映画音楽に貢献2020年7月24日 ■セルジオ・リカルド死去■ボサノバや映画音楽に貢献  ボサノバや映画のシネマ・ノーヴォに貢献したことで知られる歌手、作曲家のセルジオ・リカルドが23日、入院先のリオの病院で亡くなった。88歳だった。  1932年にサンパウロ州内陸部マリリアで生まれたセルジオは8歳から音楽を学びはじめ、1950年にリオに移り音楽活動を開 […]
  • 《ブラジル》新型コロナ感染2万5262人、死者1532人=本当の感染者は既に30万人超か?2020年4月15日 《ブラジル》新型コロナ感染2万5262人、死者1532人=本当の感染者は既に30万人超か?  【既報関連】ブラジルの新型コロナウイルス感染者は、11日に2万人を超えた。しかしながら、二つの独立系調査団体の調べによると、本当の感染者数はその12~15倍に上る。本当の感染者数が判明しない理由は検査体制がぜい弱だからで、既にエンリケ・マンデッタ保健相も認めていると、 […]
  • 《ブラジル》コーロル元大統領が30年前の預金凍結令を謝罪2020年5月20日 《ブラジル》コーロル元大統領が30年前の預金凍結令を謝罪  フェルナンド・コーロル上議が、大統領時代の30年前に行ったポウパンサ(貯蓄預金)凍結令を間違いだったと謝罪した。19日付現地サイトが報じている。  ポウパンサ凍結はコーロル氏が大統領に就任した直後の90年3月16日に命じたもの。その当時、一カ月で80%にも達していたハイパー […]
  • 決選投票の可能性高まる=大統領選=エレーナ候補上昇=有力2候補は下降気味=浮動票はまだ30%も2006年7月20日 決選投票の可能性高まる=大統領選=エレーナ候補上昇=有力2候補は下降気味=浮動票はまだ30%も ニッケイ新聞 2006年7月20日付け  【フォーリャ・デ・サンパウロ紙十九日】調査会社ダッタフォーリャは十八日、次期大統領選は決選投票にもつれ込む可能性が増大したと発表した。ルーラ大統領(労働者党=PT)は有効票で五二%を占めて第一位を保つものの、他候補の合計との差が四 […]
  • フォーリャ紙=世界の名作映画30巻のDVDを毎週発売=日本の黒澤や溝口も含む2018年8月4日 フォーリャ紙=世界の名作映画30巻のDVDを毎週発売=日本の黒澤や溝口も含む  ブラジルを代表する大手新聞社、フォーリャ紙が、8月5日から毎週日曜日に30週にわたり、名作映画のDVDを発売する。  フォーリャはこれまでにも、クラシック作曲家の代表曲を収めた子ども向けのCD付漫画偉人伝や、ブラジルの有名な民話を30週のシリーズにして発売し、好評を得ていた […]