ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | *8/2〜8のサンパウロ市でのコンサート

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ俳壇(897)=富重久子 選2016年7月15日 ニッケイ俳壇(897)=富重久子 選 サンパウロ  串間いつえみみづくや夜の長きを聞かずとも【みみづくは梟と同属であるが、耳という毛角を持っているのでそう呼ばれる。この句は木莵と漢字を使わず「みみづく」と詠んだことによって、耳のあるづくの姿が想像され一句が実に柔らかい感触を読者に与える。また冬はどうしてこんなに夜が […]
  • 『クワレズマ』はクワレズメイラという南米原産のノボタン(野牡丹)科の花樹(かじゅ)の事 。(写真は2010年3月20日付けエスタード紙でも紹介されたリベルダーデ(東洋街)のクアレズマ)2015年5月14日 ニッケイ俳壇(838)=星野瞳 選    セーラドスクリスタイス   桶口玄海児 母作るボリンニャデシューヴァ夏休み雨降れば人恋しがる山家猫マンゴー樹をマリタカの群れ襲いたるブラジルの萩水昌村の霧宿しインジオの少年を呼びラン捕りに(ランは蝦蟇)    北海道・旭川市       両瀬 辰江 花の芽を […]
  • ブラジル音楽の「裏歴史」=サンパウロ発の元祖インディーズ2013年11月26日 ブラジル音楽の「裏歴史」=サンパウロ発の元祖インディーズ ニッケイ新聞 2013年11月26日  60年代はボサノヴァにジョーヴェン・グアルダ、70年代はMPB、80〜90年代はロック、90〜00年代はアシェーにセルタネージャ、10年代はファンキ…。ブラジル音楽の「表向きの流行」を大雑把に並べるとこういう感じであり、ブラジル国内ではい […]
  • ブラジル音楽界で話題騒然=20歳のファンキ歌姫アニッタ2013年7月31日 ブラジル音楽界で話題騒然=20歳のファンキ歌姫アニッタ ニッケイ新聞 2013年7月23日  ここ数年、ルアン・サンタナやパウラ・フェルナンデスなど、セルタネージャ(ブラジル版カントリー)がチャート上位を独占していたブラジル音楽界に新星が現れた。それがアニッタ。リオ出身の20歳の新しいファンキの歌姫だ。 […]
  • 人文研勉強会=坂尾英矩さんが講演=日系音楽家を熱く語る2013年5月18日 人文研勉強会=坂尾英矩さんが講演=日系音楽家を熱く語る ニッケイ新聞 2013年5月18日  サンパウロ人文科学研究所が主催する勉強会『第7回コロニア今昔物語』が16日、文協会議室で行われ、約10人が参加する中、ブラジル音楽評論家の坂尾英矩さん(81、神奈川)が「ブラジル音楽とその道の日系パイオニア」というテーマで講演を行った。 […]