ホーム | 日系社会ニュース | 愛知 大村知事らがイタケロン視察=施工業者「年内に必ず完成」

愛知 大村知事らがイタケロン視察=施工業者「年内に必ず完成」

ニッケイ新聞 2013年8月9日

 現在建設中のサンパウロ市イタケーラ区のサッカースタジアム(イタケロン)に3日、愛知県の大村秀章知事ら訪問団6人が視察に訪れた。
 一行は、翌日に控えた同県人会創立55周年式典に参加するため来伯。地元チーム・名古屋グランパスエイト後援会の名誉会長を務め、自身もサッカー好きの大村知事の希望で視察が実現した。
 スタンドに足を踏み入れた知事らは、施工を請け負うオーデブレヒト社のリカルド・コレジオ営業マネージャーの解説に興味深げに耳を傾けながら、約30分間工事現場を見て回った。グラウンド地下に、芝生の生育を管理するための空調設備が取り付けられていることなどが説明されると、感心したように頷く場面も見られた。
 リカルド氏は現在の施工の進行度について「83%が完了している。グラウンドにかかる屋根と、椅子の取り付けやVIPルームの設置など、スタンドの整備を残すだけ」と話し、「(FIFAへの引渡し期限である)12月31日には問題なく間に合う」と自信を見せた。
 同氏の勧めにより、大村知事はバックスタンドの裏側に設置された縦20×横120メートルの巨大スクリーンの内部壁面に来訪を示すサイン。氏名・日付とともに「Victory to コリンチャンス(コリンチャンスに勝利を)」と力強く書き込んだ。
 視察を終えた大村知事は「非常にアミューズメント性が高く立派なスタジアムだという印象。日本代表チームもここで試合をして欲しい」と満足げに感想を語った。
 一行は4日の式典に出席、5日にトヨタ自動車ソロカバ工場などを訪問後、ロサンゼルスを経由して帰国した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 2015年6月4日 第59回パウリスタ・スポーツ賞=6月1日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞3人含め総勢21人=多彩な競技者、功労者表彰  ニッケイ新聞が主催する「第59回パウリスタ・スポーツ賞」が6月1日午後7時からサンパウロ市議会の貴賓室で行われる。現役で活躍中の選手や引退後の指導者、審判など、競技者だけでなくその振興や普及に尽力した功労者を表彰する。今年は「特別賞」3人を含む、総勢21人が受賞をする。例 […]
  • 東西南北2014年3月28日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月28日  27日付本紙でも報じた、今年2月のサンパウロ市での強盗事件の急増だが、サッカーW杯の会場となるイタケロン・スタジアム周辺地区での犯罪急増が目立つという。同スタジアムに近いパルケ・ド・カルモでは、強盗が昨年同月比で82%、自動車強盗が59% […]
  • イベント情報2013年10月19日 イベント情報 ニッケイ新聞 2013年10月19日 【10/19〜10/25のサンパウロ州でのサッカー】 ブラジル選手権(Brasileirao) ※パルメイラスとコリンチャンスはファンの起こした乱闘事件の責任により、10月4週目の週末前までサンパウロ市でのホーム試合の開催禁止。 […]
  • 大耳小耳2013年10月12日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年10月12日  仏心寺婦人部ボランティアの中には20歳代とみられる若年男性の姿も。尋ねると座禅の会のメンバーだという。毎週水、土曜の18時から行っており、性別、年齢、職業様々で4、50人の参加がある。「座禅は40分を2回行い、その間には人生相談のような時 […]