1

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2013年8月10日

 本紙でも報じた通り、日本の大手電気メーカー、パナソニックはネイマールとの広告契約を延長した。同時に同選手の今期からの所属先スペインのFCバルセロナとも提携を結んでいる。
 業績悪化が取りざたされる中、日本では「どうしてそこに?」との懐疑的な声も上がっているようだ。産経新聞ウェブ版でも見出しに「批判噴出」といった文言が入る関連記事も見られた。
 しかし昨年からベトナム、インド、マレーシアなど在外生産拠点の拡充が報道され、ミナス州でも白物家電工場が昨年完成する等、同社が改革の手段として外国重視の戦略をとっているのは明らか。その意味では改革の一環として筋の通った方策で、在外者からすれば「なぜ非難を」とむしろ不思議だ。
 ブラジル選手が日本の大企業の盛り返し戦略の「顔」に選ばれたことは当地移民にとっても誇らしいことだろう。(酒)