ホーム | 文芸 | 刊行 | 刊行物『蜂鳥』

刊行物『蜂鳥』

ニッケイ新聞 2013年9月6日

 句集『蜂鳥』314号が刊行された。
 「蜂鳥集」から3句「束の間の空のパレット冬茜」(田中美智子)「着ぶくれて蒲団の中が吾が浄土」(佐藤けい子)「ピポッカの鍋いっぱいに子等笑顔」(鈴木文子)、「実万両」(高橋節子)「花の道」(馬場園かね)ほか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • 『月刊ピンドラーマ』=4月号2019年4月13日 『月刊ピンドラーマ』=4月号  コジロー出版のブラジル情報誌『月刊ピンドラーマ』4月号が出版された。  「グルメ情報」では、海鮮料理や定食が魅力的な日本料理店3店を紹介。コラム「開業医のひとりごと」では、食と「旬」について語られている。その他、連載小説、イベント、求人情報等が掲載されている。  日系書店 […]
  • 「かなえ合同歌集」追悼刊行=亡き歌人、藤田朝壽さんに捧ぐ2019年2月22日 「かなえ合同歌集」追悼刊行=亡き歌人、藤田朝壽さんに捧ぐ  亡きコロニア歌人・藤田朝壽さんに捧げる追悼歌集『かなえ合同歌集』(全160頁)が今年1月に刊行された。  昨年1月4日に亡くなった藤田さんは、サンパウロ新聞歌壇や老荘の友で選者を務めていた歌人。15年に亡き妻に捧げた自選歌集『赭き大地を』に続け、2冊目となる自選歌集 […]
  • ピンドラーマ=2月号2019年2月5日 ピンドラーマ=2月号  コジロー出版のブラジル情報誌「ピンドラーマ」2月号が出版された。  「せきらら☆難民レポート」では、ギニア共和国出身のチエルヌさんを取材。丁寧でスピーディーな服作りが人気な同氏が祖国から伯国へ来た過去と、当地での生活が書かれている。  好評連載中の「移民の肖像」「白洲太郎 […]
  • ピンドラーマ=1月号2019年1月9日 ピンドラーマ=1月号  コジロー出版のブラジル情報誌「ピンドラーマ」1月号が出版された。  「ブラジル面白ニュース」では、SECSP(サンパウロ商業組合)主催のパパ・ノエル養成講座を紹介。「摩訶不思議なブラジル経済」では、新大統領が就任したことによるブラジル経済の変化を予想。その他、グルメ、イベン […]