大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年9月18日

 今年6月に行われ、反対意見も無く、円満な決議がとられたウジーナ日本人会とACENBRAの合併の是非を問う総会。加えて同日本人会の小村四継会長が、出席出来なかった会員の家も一軒一軒周り、全員の意思を確かめたことで「全員が意図を理解してくれ、納得してくれた」という全会一致の合併に。ちなみに、旧日本人会員のACENBRAにおける会費は、向こう20年無料になることで合意したとか。
     ◎
 社会福祉法人こどものその(谷口ジョゼー理事長)の『創立55周年記念式典』が22日午前10時半から、聖市イタケーラ区の日系クラブ(Rua Masato Misawa, 200)である。式典には、午前9時から、同区内のこどものその本部(Rua Prof. Hasegawa, 1198)にて先没者法要が行われる。記念式典に先立つ20日には、聖市議会で表彰式典も(19時〜)。問い合わせは同本部(11・2521・6437)まで。入所当時10歳のこどもも還暦を過ぎた。「こどものその」という名前だが、現在18歳未満の入所者は1人もいないとか。