無き故郷に思いを馳せて=ジャクチンガ会、12日

ニッケイ新聞 2013年9月25日

 聖州ポンペイア市近郊にあったジャクチンガ植民地出身者が集う『第17回交流食事会』が10月12日午前9時から、聖市の青森県人会館(Rua Dr. Siqueira de Campos, 62, Liberdade)で開かれる。
 1936年から入植が始まった同地は、バタタ生産で栄え、最盛期は90家族を数えたが、現在は日系居住者はおらず牧場となっている。
 毎年、麻、パラナ、ゴイアス各州など遠方からも含め80人近くが参加し、親睦を深める。一品持ち寄りで、会費20レアル。10歳以下と80歳以上は無料。
 案内のため来社した山矢三郎さんは「共に学び、汗水流して一緒働いた仲間たちと共に語り合いましょう」と呼びかけた。問い合わせ、参加申し込みは山矢(11・3992・5656)まで。