ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年9月26日

 25日付フォーリャ紙によると、今年の1〜7月に起きたサンパウロ州での非番の軍警による殺人が、2003年以降の過去11年では最悪の129人に達している。うち3分の2は正当防衛、もしくは誰かが殺されそうになっていたのを助けようとして起きたものだという。一方、勤務中の軍警による殺人は176人でこちらは逆に前年から121人減り、過去最低だった2005年より1人多いだけとなっている。これは非番の軍警が狙われやすくなっていることを意味しているというが、非番の軍警の死者は防犯チョッキの使用により28人と歴代でも低い数字となっている。
     ◎
 サンパウロ市中央部コンソラソンの州立高校カエターノ・デ・カンポスで、教師たちが1枚につき2レアルでくじを売っていたことが判明した。職員の話によると、教師たちはこのくじで集めた金でコピー用紙や印刷用のインクなどを買う金を捻出しようとしていたという。なお、賞品としてタブレット型コンピューターが2台用意されていたというが、どのモデルのコンピューターが与えられるかは学生に知らされていなかったという。
     ◎
 バルセロナFCのネイマールは24日、本拠地カンプノウでの対レアル・ソシエダ戦で同リーグへの移籍後初となる得点を記録した。リーグ戦開始後6試合目での得点となる。また、この試合ではエースのメッシの得点のアシストとなる見事なクロスも決め、ファンの期待に応える大活躍となった。本人は、「得点できて嬉しい。調子も上向いているし、チームメイトのことも段々解って来た」と語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年1月18日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年1月18日  14日にサンパウロ市中央部のクラコランジアの新興ファヴェーラが取り壊され、住人約300人が近隣のホテルに移された件は既報の通りだが、17日に、その中の約80人の麻薬常用者たちが、サンパウロ市主導による労働をはじめた。場所は中央部のカンポス […]
  • 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に2014年1月1日 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に 新年号 ニッケイ新聞 2014年1月1日  2013年6月、サッカーのコンフェデレーションズ杯の直前から開催期間中にかけて、全国規模での「マニフェスタソン(抗議の波)」が起こった。同じ頃、エジプトやトルコでもデモが起こったが、ブラジルの場合、かねてからの政情不安があったエジプ […]
  • ブラジル版フォーブス=最も影響力のある有名人=30人のリストを発表2013年12月20日 ブラジル版フォーブス=最も影響力のある有名人=30人のリストを発表 ニッケイ新聞 2013年12月20日  ブラジル版フォーブス12月17日付電子版が、ブラジルで最も影響力のある有名人30人のリストを発表した。ブラジルでは初の試みで、名声や財産、力を基準に選出された。 […]
  • 東西南北2013年5月22日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年5月22日  ジウマ大統領は20日、ペルナンブーコ州サンロウレンソ・ダ・マタでオープンするコンフェデ杯の会場、アレーナ・ペルナンブーコの落成式に訪れ、大観衆の前で自らゴールにシュートを決める姿を披露した。そのシュートのボールをパスしたのは、同州知事のエド […]
  • 東西南北2012年11月17日 東西南北 ニッケイ新聞 2012年11月17日付け […]