ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年11月15日

 USPでの東大フォーラムとは別に12日、東京大学以外に秋田大、京都大、大阪大、広島大、鹿児島大、芝浦工科大の計7大学が参加し、日本留学を希望する学生や日本の大学・研究機関との研究交流に関心をもつ研究者等を対象に、日本留学や国際研究助成等に関する説明会も開いた。デカセギによる一方的な〃労働現場〃交流から、より次元の違う学術交流に変化していきそうな気配。これもW杯、五輪効果か。
     ◎
 中島工務店が3度目の修復工事を行い再開した日本館。7月に、9本の柱を組み替える工事をたった3日で済ませた。その手際の良さもさることながら、柱の一部を取り替えて建物を維持させる考え方は当地にない。運営委員会の伊藤誠施副委員長も「何十年も乾燥させ丈夫な木材ができあがる。そうした日本の建築技術が凝縮され、資材も日本から持ち込んだものばかり。まさに日本オリジナルの建物」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ新聞を手に取る長岡京市立長岡中学校の生徒たち2014年5月8日 長岡京市長岡中=本紙教材に使い地理の授業=元JICAボランティア 宮沢之祐教諭が考案=半頁を4時間に膨らませ=「日系社会で多文化伝える」  京都府の長岡京市立長岡中学校で、一風変わった地理の授業が行われている。子どもたちが一心に見つめる教室のモニターに映されたのは、なんとニッケイ新聞。初めて見る南米の邦字紙に驚く生徒らに、同校教諭で元JICA日系社会青年ボランティアの宮沢之祐さん(しゆう、50、京都)は「ブラ […]
  • 大耳小耳2014年4月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年4月16日  在ブラジル特命全権大使に就任した梅田邦夫さん。これまでの赴任歴を尋ねると、実は各国の大事件のオンパレードだ。ペルー赴任は公邸占拠事件の直後だったし、ニューヨークの国連代表部にいた時は9・11事件が勃発し、中国公使時代はチベット暴動や毒入り餃 […]
  • 「W杯も目前に控えたところで帰国しなければならないのは残念だが、ブラジルを思いながら名古屋でも仕事をしたい」と植田領事2014年3月14日 短期とデカセギ査証が逆転=在聖日本国総領事館 植田領事に聞く=三年問題、四世ビザについて=現行法の枠組みの限界か ニッケイ新聞 2014年3月14日 在サンパウロ日本国総領事館の査証班に2年間在職していた植田敏博領事(49、大阪)が、4月8日に任期を終えて帰国するにあたり、金融危機後に帰国支援を受け帰伯し、再訪日を希望する人たちの〃三年問題〃、「四世ビザ問題」やデカセギ目的訪日者の減少 […]
  • 新工場のひとつ2014年2月13日 インダイアトゥーバ=日立建機とディア社が新工場=五輪の建設特需を見込み=生産能力、年間2千台 ニッケイ新聞 2014年2月13日 日立建機株式会社(本社=東京)と農機メーカーのディア社(本社米国イリノイ州)の合弁事業による、油圧ショベル製造工場の竣工式が、11日、サンパウロ州インダイアトゥーバ市の新工場で盛大に行われ、ブラジルミシェル・テメル副大統領、ジェラルド・ア […]
  • コラム 樹海2014年2月13日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年2月13日  W杯が近づいていることを受け、日本のメディアもブラジルに目を向けている。某雑誌から「日系家族を取り上げたい」との話を受けた。個人の移住史は多く聞いてきたが、家族単位では…。考えあぐねた末、日野寛幸さん(67)にお願いすることになった。独自 […]