ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年11月19日

 先週末に逝去した山川健一さんの妻純子さんは、12月初旬に遺灰が手元に戻ったら「一部は日本に持って行きたい」としつつも「こちらでは海が好きだったから、海に撒こうかとも考えている」という。「自然に回帰したい」との気持ちの現れなのか、近年日本でも海や山に散骨する自然葬を希望する人が増えているとか。一部は日本へ戻り、他はブラジルの海に溶け込む——。世界を股にかけた移民らしい最後かもしれない。
     ◎
 先週末の三連休の中日、サンパウロ州カンポス・ド・ジョルダンへ日帰り旅行に赴いた。一番の目当ては、地ビールが有名なレストラン「BADEN BADEN」。しかし、あまりの混雑具合に入店することすら難しく、あえなく断念…。失意の中、ぶらぶらと歩いていると、鳥居を構えた日本食レストランを発見! カンポスらしく、その名もズバリ「高原」。BADENビールも置いてあり、店主の安永真弓さん(元サンパウロ市在住)が「今が旬」という、鱒の刺身との相性はまさに抜群。「ブラジルのスイス」で食べる日本料理も実に乙なもの。同地を訪れの際はぜひ。住所は(Trav. Isola Orsi, 47, Capivari)。
     ◎
 サンパウロ市のほかリオ、マナウスにもある日本人学校。サンパウロ市校は南米最大の生徒数を誇るが、世界最大はタイ・バンコクだという。公式サイトによれば小中学部合わせ、生徒総数はなんと約3千人というから、普通の日本の公立校より多そうだ。サンパウロ市校は200人超とあるから、桁違い。また北米は4校のみというから意外。補習授業校という形が一般的で、その数なんと70以上とか。進出企業が増えている昨今、ブラジルにも補習校ができてもいいのでは。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]
  • ■今週末の催し2018年8月2日 ■今週末の催し  4日(土曜日)  青葉祭り、午前7時、宮城県人会(Rua Fagundes, 152, Liberdade)      ◎  サンパウロ倫理法人会モーニンセミナー、午前8時半ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425, […]
  • ブラジル日本民謡協会50周年記念公演=豪華な慶祝団14人が来伯=大功労者 佐々木名人位「今回最後かも」2017年7月18日 ブラジル日本民謡協会50周年記念公演=豪華な慶祝団14人が来伯=大功労者 佐々木名人位「今回最後かも」  創立50周年を迎えたブラジル日本民謡協会(塩野彰会長)主催による「慶祝日本民謡親善公式訪問団ブラジル公演」が、16日午前9時からブラジル日本文化福祉協会大講堂(R. Sao Joaquim, […]
  • ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選2016年10月27日 ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎信濃村のポルトガル人煙草干す鳩車に似て葦舟や湖は春アリアンサの鳳梨も供え念腹忌睦みつつ濁流越えて行きし蝶富士の絵の額の後に守宮棲む […]
  • ニッケイ俳壇(911)=富重久子 選2016年10月20日 ニッケイ俳壇(911)=富重久子 選 スザノ           畠山てるえ 薪を焚く観光列車竹の秋 吐く煙後へ後へと花マナカ マリアフマッサ老幼嬉々と山笑ふ 列車行く町に郊外黄イッペー 浮雲の空にひと掃き竹の秋 【「薪を焚く」観光列車があるとは聴いているが、残念ながらまだ乗ったことは無い。昔窓を開ける […]