ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年11月20日

 色の魔術師、大竹富江さんが描く画布は、アマゾンの鳥のように鮮やかだが、自分の衣装はいつも黒一色。文化大臣から勲章をもらう受賞式という晴れの舞台でも、やっぱり黒一色…。「何かこだわりがあるのか」と思い尋ねてみると、「ずっと仕事で色のことばっかり考えているから、自分の服の色まで考えたくない」とのことだった。自分の身体でなく、作品こそが富江さんそのもの——ということか。それだけ仕事に情熱をささげてきた証かも。
     ◎
 大阪なにわ会の恒例座談会は、同会の府費留学生・研修生のOB・OGらが作る「医療関係専門家グループ」が実施するが、これを開催することになった背景の一つに、同制度の廃止があるという。太田房江時代の2000年に留学生、02年には研修生制度が打ち切りとなった。00年には府からなにわ会への援助も無くなったという。留学生制度の存在意義を証明する意味でも、この健康講演会は貴重な催しだ。多くの県人会で同様の悩みを抱えている。留学生・研修生継続を訴えるような県人会行事が、もっとあってもいいのでは。
     ◎
 静岡文化芸術大学(静岡県浜松市)の日系人学生らが16日から、市内の小学校に通うブラジル人の世帯訪問を行っている。同じ境遇に育ちながら大学進学を果たした学生が実体験を伝えることで、親や子供の学習や高等教育への動機を高めるのが狙い。16日付け静岡新聞ウェブ版が報じた。希望のあった市内43世帯を巡り、学校生活について説明したり、保護者からの質問に答えたりする。奨学金を利用して金銭的な壁を乗り越えたという3年の岡崎ケンジさん(20)は、「自分の存在を説得力にして、いろいろな道があることを伝えたい」と話しているとか。在日ブラジル人が後進を指導するという〃正の連鎖〃のきっかけになり得るだけに、非常に意義のある活動だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流2018年8月2日 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流  ブラジル日本移民110周年のための皇室公式訪問最終日の28日、眞子さまはパラー州都ベレンの汎アマゾニア日伯協会(生田勇治会長)で行われた日系社会歓迎行事のほか、同地の日系人や日本移民とのご引見、ヴェル・オ・ペゾ市場の視察などをされた。式典には約230人が参加し、3回目 […]
  • 第35回武本文学賞を総括して=作品にコロニア語を使おう=ブラジル日系文学会長 中田みちよ2018年1月10日 第35回武本文学賞を総括して=作品にコロニア語を使おう=ブラジル日系文学会長 中田みちよ  「武本文学賞」というのは、日系社会の文学活動を創立時からささえてきた武本由夫(1983年逝去)を顕彰して設置されたものである。83年に募集され第一回発表が1984年発行の「ブラジル日系文学15号」誌上、その後35年間継続されてきている。  そして2015年には創刊5 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • 大耳小耳2016年7月9日 大耳小耳  千葉県船橋市の「ふなっしー」など日本では「ご当地キャラ」が大流行だ。郷土の特徴をヒントにしたキャラクター、マスコットをつくり、観光や町おこしの起爆剤として重宝されている。その波に乗って、ついに今回の県連日本祭りでは「県人会キャラ」が登場することになった。福島県人会では、なんと […]