ホーム | 日系社会ニュース | 明治神宮秋の大祭で特選=「農道に二十瓲車の連なりて穀倉地帯は豊の秋なる」(筒井惇)=3千以上から選ばれる

明治神宮秋の大祭で特選=「農道に二十瓲車の連なりて穀倉地帯は豊の秋なる」(筒井惇)=3千以上から選ばれる

ニッケイ新聞 2013年11月23日

 明治神宮が秋の大祭を奉祝して先月20日に開催した『第129回明治神宮献詠短歌大会』に小池みさ子ブラジル委員が出席し、大会結果を持ち帰った。3千以上もの応募作品から選ばれる10の特選に、筒井惇さん(78、三重)=サンタ・カタリーナ州ジョインビレ市=の作品が入賞したとの朗報を本紙に伝えた。

「農道に二十瓲車の連なりて穀倉地帯は豊の秋なる」(筒井惇)
 1960年に呼び寄せ移民で渡伯した当初は、南麻州のドウラードス市でコーヒーや野菜栽培に従事していた筒井さん。同作品は、「トレーラーを3台持っている私のクニャード(甥)から『大豆の収穫に行くから行かんか』と誘われて、マット・グロッソの大豆畑を目にした時、ブラジルらしい大きい光景だと思って詠んだ歌」。一昨年は同大会で佳作を受賞した。
 30年近く星野瞳さんに師事し、俳句を学んだ。「ニッケイ俳壇に投句する度に、一句一句すべて指導くださった。あんなご親切な先生はいない。短歌で受賞できるまでになったのは星野先生のおかげ」と喜びを語った。
 また大会では講演会や親睦会が行われ、全国から集まった入賞者や歌人らが親交を深めた。15年間ブラジル委員をつとめる小池さん(76、長野)は大会の様子を振り返り、「著名な先生方に歓迎された。蒔田さくら子先生は、閉会の辞で私の名前を上げて喜んでくださった。毎年、佳作以上の入賞者は招待されるので、入賞者はぜひ参加してほしい」と嬉々として語った。
 その他の入賞作品は次のとおり。
◎入選「かりそめの移住がいつしか根を張りてここ南国に長寿授かる」(サンパウロ、山岡樹代子)
◎佳作「故里の紅葉の山に迎へらる卒寿記念の訪日の旅」(モジ、原君子)
「サンパウロの冬空晴れて和太鼓の音いさましき日本祭」(サンパウロ、藤田朝壽)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(下)=生きるために働かなくては2019年2月1日 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(下)=生きるために働かなくては  町の案内を快く引き受けてくれたトミさんは、娘の智子(さとこ)さん(67)が営む文房具屋に連れて行ってくれた。震災時、店舗は震災により引き起こされた火災で全焼し、在庫商品もすべて灰と化した。  町役場が備品を必要としていたため、自身も被災していたにもかかわらず、業者か […]
  • 「仕事も恋も猪突猛進」=手作り納豆をドイツで=伯国にルーツ、柴ありささん2018年11月1日 「仕事も恋も猪突猛進」=手作り納豆をドイツで=伯国にルーツ、柴ありささん  【東京発=山縣陸人記者】ドイツ・フランクフルトで若い日系女性起業家が奮闘している。柴ありささん(25、三世)は今年6月、ドイツ人の夫とともに納豆を製造・販売する会社「Natto24」を立ち上げた。味にこだわった手作り納豆は、現地の日本人や健康に関心の高いドイツ人を中心 […]
  • 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も2019年1月30日 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も  新潟県が実施する「平成30年度農業青年等国際交流推進事業」を通じて、青年農業者4人が来伯した。一行は各地で活躍する新潟県人を中心とする日系農家を視察して見聞を広め、23日に帰路に着いた。  本制度は89年に始まり、92年からは新潟への研修生受入がはじまる形で、隔年で […]
  • 《ブラジル》JICA=料理指導員3人を初派遣=コロニア日本食にテコ入れ=「徹底して計量を指導」2018年6月6日 《ブラジル》JICA=料理指導員3人を初派遣=コロニア日本食にテコ入れ=「徹底して計量を指導」  JICA日系社会シニアボランティアの日本食指導員3人が今月、2年間の活動を終え、帰国する。「日本食の普及と継承」を目的に派遣されたボランティアは、彼女たちが初。試行錯誤した点やコロニアの日本食に関する印象を聞いた。  JICAブラジル事務所サンパウロ出張所(斉藤顕生 […]
  • 第七十回全伯短歌大会2018年9月19日 第七十回全伯短歌大会 ■互選高得点歌■ ◎一位・(四三票)   木村 衛    四番   苛酷なる試練に堪えし人々のゆとりの短歌味わい深し(三六票)   一四番   ひたすらに夢追い続け年重ね酒杯を重ぬ人恋いし夜(七票) ◎二位・(三八票)   山元治彦   六〇番 朝やけにむかい […]