ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年1月24日

 州データ分析システム(Seade)が22日に発表したデータによると、2030年には聖市の少子高齢化が進み、高齢者と若者の割合が逆転するという。現在、聖市人口に占める15歳以下の割合は19・73%、60歳以上は13・18%だが、2030年には15歳以下が13・18%、60歳以上が20%を超える。市の平均年齢も現在の34・71歳から39・08歳に上がる。同年には96地区のうち29で人口減少が見られ、最も減るのは西部アウト・デ・ピニェイロス、逆に最も増えるのは南部ヴィラ・アンドラーデだとか。人口は現在より70万人増え1220万人になるという。

     ◎

 相変らず夏の冠水被害の多い聖州だが、22日午後7時30分頃、大聖市圏オザスコの市の中心街で、豪雨により、タイヤの高さまで路上の水位が上がり、バスが〃孤島〃のように水浸しとなった。この状態は1時間ほど続いたが、同地区はCPTM9号線の終着駅がある場所だ。勤務先からの帰宅時間と重なったことで多くの市民が被害を受けた。予報だと聖市周辺は27日まで夜に雨が降る状態が続くという。

     ◎

 22日の聖州選手権第2節、第1節で思わぬ敗戦を喫したサンパウロは本拠地モルンビー・スタジアムで挽回を見せ、昨年のこの大会で4強に入り油断のできなかったモジ・ミリンを4―0で圧倒。グループAでもトップに立った。また同日、コリンチャンスもパウリスタ相手に手堅いサッカーで1―0で勝ち2連勝。こちらもグループBでトップに立っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • 東西南北2014年1月21日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年1月21日  本紙でも連日報じている、ショッピングでの不法ファンキ・イベント「ロレジーニョ」に関連した被害が先週末、聖市、そしてリオの高級ショッピングに及んだ。聖市西部のショッピングJKイグアテミは18日、ロレジーニョ開催を求めて抗議する100人ほどの […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2018年8月17日 東西南北  7月開通との話が8月になり、月半ばにして情報が途絶えていたサンパウロ市地下鉄5号線の4駅について、サンパウロ州運輸局のクロドアウド・ペリッシオーニ局長が16日、ラジオのジョーヴェン・パン局の取材で「最悪でも1カ月以内に開通」と答えた。それによると、現在、懸案となっているのが1 […]
  • 東西南北2018年4月3日 東西南北  グアルーリョス空港までのCPTM13号線が先週末に開通し、拡大整備が進む鉄道網だが、2日には3月から開通していた地下鉄5号線のエウカリプトス駅が通常運行となった。サンパウロ市地下鉄は今後も開通ラッシュが控えており、4号線のオスカー・フレイレ駅、5号線の3駅、15号線モノレール […]