ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年1月28日

 日本政府が、東日本大震災の復興事業に加え、20年の東京五輪の開催に伴い、建設業の技能労働者が不足するおそれがあるとして24日、関係閣僚会議を開き、外国人労働者の受け入れを拡大する時限的な措置をとる方針を確認したと、NHKが報じている。〃時限的〃と言われるが、日系人を労働力として受け入れるようになって20年以上が経過し、子どもの教育や社会保障など様々な課題が山積し、移民政策のなさが指摘されてきた。〃労働力〃の輸入ではなく、生きた人間の移動を伴うことであることを念頭に、策を講じてほしいものだ。

     ◎

 法律情報サイト「ジュス・ブラジル」が昨年10月末に発表した所によれば、今後、当地留学生のビザ手続きが簡易化される。これまでは1年おきの更新が必要だったが、一旦ビザを取得すれば、コース終了まで更新手続きをしないですむようになるという。プロセスの遅れで奨学金をもらい損ねたり、更新のため母国へ帰る費用がなかったりと、不都合を強いられる学生が多かったことが原因のよう。それ以上の詳細は現時点では不明だが、留学を促進するワンステップといえそう。

     ◎

 大相撲初場所千秋楽で、魁聖が勝ち越しを決めた。すでに勝ち越しを決めていた臥牙丸に対し、寄り切りで勝利。今場所の成績を8勝7敗とした。昨年の秋場所、九州場所は7勝8敗で負け越しており、勝ち越しは2場所ぶり。近年は前頭上下位を行ったり来たりで、今ひとつ壁を越えられない印象。幸先の良い出足となった今年だが、勝ち越し以上の好成績を期待したいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2014年2月8日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年2月8日  「西洋の科学」への過剰な信仰に怒れる安田喜憲教授。東日本大震災の時、地球物理学は地震を予知できなかったばかりか、地震予知連絡会会長が「今の地震予知のレベルでは、今日なのか30年後なのか、300年後なのかもわからない」と公言したことに対し、「 […]
  • 大耳小耳2016年5月20日 大耳小耳  日本国土交通省は熊本地震に関し、九州の高速道路の無料化や割引を検討している。17日付け西日本新聞などが報じた。そういえば熊本へ物資を運んだ在日伯系団体「ABCジャパン」の橋本秀吉理事長も、弊紙の電話取材に「11年の東日本大震災と同じように、無料化を導入してほしい」と訴えていた […]
  • 大耳小耳2016年1月30日 大耳小耳  先日発行された『日本文化』は、その名の通り日本独自の精神性や文化、歴史を紹介する一冊。第一部の「国柄は非常の時に現れる」では、東日本大震災で活躍した人々の勇気を、「奉公」というキーワードで読み解く。原発事故が起こった時、被爆の危険を承知で現場に向かった技術者や消防局員。夢中で […]
  • 大耳小耳2015年2月14日 大耳小耳  山形県人会の総会に出席した、聖州タウバテ在住の海藤司理事。海藤三味線教室の代表を務める同氏は、レシフェ領事事務所の依頼により、同地で外交120周年事業の邦楽公演を行なった。「レシフェはもう3度目で今回も盛況だった。海沿いの町は大体行ったよ」と、精力的に活動しているよう。三 […]
  • 大耳小耳2012年2月11日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2012年2月11日付け  長崎県人会が昨年6月に開催した『ちゃんぽん祭り』には会員74人が手伝いに参加、一昨年に再結成された婦人部が […]