ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年2月21日

 18日午前9時35分と44分の2回に渡り、聖市地下鉄4号線で異常が発生し、同線を利用していた乗客が約25分間にわたり、閉ざされた電車の中で足止めを食う状態が続いた。これは、パウリスタ駅と、年内に開設予定の新駅オスカール・フレイレ駅との間の信号に異常が生じたため。聖市地下鉄では、4日に3号線で故障が相次ぎ5時間に渡り閉鎖状態となったほか、13日にも5号線が送電線が切れて運行停止となり、15日まで間引き運転が続いた。4号線は最も新しい最新型の路線だ。W杯まであと4カ月だが、その際にこうした問題が続出しないことを願いたい。

     ◎

 1カ月ほど前に聖市中央部セー広場近くのラルゴ・サンフランシスコから立ち退きを命じられた麻薬常用者らが、地下鉄3号線ドン・ペドロ駅周辺のドン・ペドロ公園に移って生活しはじめている。市役所側は1月に中央部のジノ・ブエノ大通り付近に出来ていたファヴェーラを撤去させ、常用者を対象に「ブラッソス・アベルトス」という労働プログラムをはじめていたが、さらなる対策が必要となっている。これも、W杯前には観光客には見せたくない光景のひとつだ。

     ◎

 18日、聖市南部ヴィラ・マリアナでユーモアに溢れた平和な抗議運動が行なわれた。それはサンタクルス通りとリカルド・ジャフェット大通りの交差点にアスファルトの陥没が出来て1年経ったことを示すもので、住民たちはケーキを持参し「ハッピー・バースデイ」の歌を合唱した。これを受け、市役所は「年内にはなんとか」と答えたという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • 東西南北2017年5月20日 東西南北  来年のロシアW杯出場を決めているサッカーブラジル代表は、6月9日と13日に豪州メルボルンの地で、アルゼンチン、豪州と親善試合を行う。その代表メンバーが19日発表された。「欧州でプレーする何人かの選手には休暇が必要」との理由で、ネイマールは外された。今年2月に負傷したガブリエル […]
  • 東西南北2014年3月28日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月28日  27日付本紙でも報じた、今年2月の聖市での強盗事件の急増だが、サッカーW杯の会場となるイタケロン・スタジアム周辺地区での犯罪急増が目立つという。同スタジアムに近いパルケ・ド・カルモでは、強盗が昨年同月比で82%、自動車強盗が59%増加した […]
  • 東西南北2014年3月29日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月29日  27日夜、パウリスタ大通りでサッカーW杯開催に反対するマニフェスタソンが起こった。約1千人の参加者はコンソラソン通り付近からパライゾ方面に向けて行進をはじめ、ブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りまで歩いた。参加者たちは「FIFAよ、出て […]